NTTドコモ、健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」を4月1日に開始

2013.3.7 17:50配信
「わたしムーヴ」のロゴ(上)と提供イメージ

NTTドコモとオムロン ヘルスケアが共同出資で設立したドコモ・ヘルスケアは、ドコモの「docomo Healthcare」とオムロンヘルスケアの「ウェルネスリンク」を融合した健康プラットフォーム「わたしムーヴ」を、4月1日に開設する。

ポータルサイトでは、運動・睡眠・ダイエットなど、からだに関するコンテンツを提供。また、スマートフォンなどの携帯電話と、高精度の測定ができる健康機器を活用して、ユーザーの「からだデータ」を蓄積・分析・予測するほか、からだデータとアライアンス企業のサービスや商品と連携させることで、最適な健康サービスや商品を提供する。月額315円の「ウェルネスリンク プレミアムコース」や一部の有料コンテンツを除いて、NTTドコモ以外のユーザーも無料で利用できる。

「わたしムーヴ」の女性向けコンテンツとして、6月1日に「カラダのキモチ」を開始する。女性特有のからだと心の変化に合わせて、快適な生活を送るためのアドバイスを受けることができる。ドコモのスマートフォンユーザー向けサービスで、料金は月額315円。10秒で計測できるオムロンヘルスケア製の婦人用電子体温計「MC-642L」とスマートフォンを連携し、基礎体温を記録してからだの不調が検知された場合は、アプリを通じて受診を促す。受診した場合は、所定の条件の下でお見舞金「女性疾病見舞金」5000円、「要精密検査見舞金」3万円が支払われる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング