イー・モバイルのスマートフォン「STREAM X」がSoftBank 3Gエリアに対応へ

2013.3.7 19:34配信
STREAM X(GL07S)

イー・アクセスは、3月7日発売のLTE対応スマートフォン「STREAM X(GL07S)」を、今夏から、ソフトバンクモバイルの3Gサービスエリアに対応させると発表した。

「STREAM X(GL07S)」は、LTEサービス「EMOBILE LTE」に対応した初のAndroid搭載スマートフォン。「EMOBILE LTE」のエリア内では、下り(受信時)最大75Mbps、上り(送信時)最大25Mbpsの速度で通信できる。さらに今夏からは、「EMOBILE通信サービス」の提供エリアに加え、全国人口カバー率99.99%のソフトバンクモバイル3Gサービスエリアでも利用できるようにする。

OSはAndroid 4.1。約4.7インチのHD液晶ディスプレイ、1.5GHzのクアッドコアCPUなどを搭載し、イー・モバイルの端末として初めておサイフケータイに対応した。サイズは幅約67.0×高さ137.0×奥行き8.6mm(最厚部 9.2mm)で、重さは約122g。カラーはブラック。

また、データ通信タイプ「データ定額5」を契約した「STREAM X(GL07S)」ユーザーを対象に、3月7日からソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」にも対応する。申込みは不要で、「STREAM X(GL07S)」のホーム画面にある「EMホーム」から専用の接続アプリをダウンロードしてインストールすると利用できる。月額使用料は無料。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング