マカフィー、セキュリティ管理ソリューションをアップデート

2013.3.8 16:57配信

マカフィーは、3月7日、セキュリティ管理の全体最適化を実現する「Security Connected」戦略の一環として、セキュリティ管理ソリューションのアップデートを発表した。

「McAfee Enterprise Security Manager」と、「McAfee ePolicy Orchestrator(McAfee ePO)プラットフォーム」「McAfee Vulnerability Manager」「McAfee Network Security Platform」とのアクティブな連携を実現。これによって、エンドポイントやネットワークのセキュリティポリシーが相関機能にもとづいて自動的に調整される。これらのソリューションによって、対応にかかる時間、状況認識、業務効率を大きく改善する。

あわせて、企業内の各コンピューターに関する情報を検索できる初のセキュリティ管理システム「McAfee Real Time for ePO」を発表。セキュリティ管理プラットフォーム「McAfee ePO」にリアルタイムのセキュリティ調査機能を付加するもので、セキュリティ管理者は、組織内に存在する情報源を数秒でクエリーして、リアルタイムの状況にもとづいてセキュリティ上の判断を下すことができるようになる。日本での発売時期は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング