同じ役でハリウッド映画連続出演。日本人ダンサーが新作映画を語る

2013.3.11 16:8配信
『ステップ・アップ4:レボリューション』に出演した甲田真理(C)Summit Entertainment. LLC. All Rights Reserved.

ブルーレイ&DVDが発売中の人気ダンス・ムービー『ステップ・アップ4:レボリューション』には日本人ダンサーが出演している。

その他の写真

『ステップ・アップ4』は、ダンス・チーム“The MOB”のリーダー・ショーンと、プロのダンサーを目指すエミリーの恋愛を軸に、街の再開発を止めようと奮闘する若者たちの姿を斬新なダンスと共に描いた青春映画。本シリーズの2作目から日本人留学生ジェニー・キド役として出演し、確かな存在感を示しているのが甲田真理だ。

甲田が本シリーズに出演したきっかけは『ステップ・アップ2』の一般公募オーディションに参加したこと。1500人の中から役を勝ちとった彼女は『2』に出演するだけでなく、ディズニーから『3』出演の要望を受けた。甲田は「ハリウッド映画のシリーズ作に、同じ役で連続出演している日本人は今のところ、私だけと聞き、ラッキーであり誇らしいと思っています。何より、日本人として日本人役を演じられる点に大きな意味があると感じています」と語る。

トップダンサーが集結し、回を追うごとに斬新でハイレベルなダンスを披露している本シリーズだが、甲田は「今回、フィーチャーされているのが、指定した時間・場所にダンサーが集まり突然ダンスを始める“フラッシュモブ”。言葉で説明するのは難しいですが、見てもらうときっと『おぉ』とうなるはず。何よりダンサーたちの一瞬一瞬、映像を一時停止して見てもカッコいいんですよ!」と話す。

最後に甲田は、日本の若者へ向けて「自分が興味あること以外にも、視野を広げてほしいですね。例えばダンサーを目指しているなら、ダンスに集中するだけでなく、いろんな人に出会い、いろんな文化に触れて感性を磨いてほしい。技術は練習を重ねれば上達すると思いますが、表現力を生み出す感性は、練習だけでは得られませんから。どんな状況でも、自分の直感や感覚を信じることの大切さは『ステップ・アップ4:レボリューション』の大きなテーマでもあると思います」とメッセージをおくっている。

『ステップ・アップ4:レボリューション』
ブルーレイ+DVDセット 3990円(税込)
DVD 3360円(税込)
発売中
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

いま人気の動画

     

人気記事ランキング