「Kindle Fire」の最上位機「Kindle Fire HD 8.9」発売、家電量販店でも販売

2013.3.12 18:48配信
Kindle Fire HD 8.9(左)と専用のスタンド型レザーカバー

総合オンラインストアのAmazon.co.jpは、3月12日、8.9インチのHDディスプレイを搭載したタブレット端末「Kindle Fire HD 8.9」の出荷を開始した。

12日から、エディオン、キタムラ、ケーズホールディングス(ケーズデンキ)、コジマ、上新電機、ソフマップ、ピーシーデポコーポレーション、ビックカメラの店頭でも販売を開始した。Amazon.co.jpでは、3月12日15時現在、「在庫あり」と表示され、一人5台まで購入できる。

「Kindle Fire HD 8.9」は、「Kindle Fire」シリーズの最上位機。7インチの「Kindle Fire HD」の大画面バージョンで、10点マルチタッチに対応した解像度1920×1200ピクセル(254ppi)の8.9インチのIPS液晶ディスプレイを搭載する。バッテリ駆動時間は、最長10時間(ビデオや音楽などの再生、読書などの使用時)。サイズは縦240.0×横164.0×厚さ8.8mmで、重さは567g。薄く、軽いので、大画面でも気軽に持ち運べる。

価格は、16GBモデルが2万4800円、32GBモデルが2万9800円。カバーを開くと自動的に起動し、閉じると自動的にスリープ状態になる別売のレザーカバー「Amazon Kindle Fire HD 8.9用 スタンド型レザーカバー」の価格は5480円。カラーは、オニックスブラック、サドルブラウン、ハニー、マゼンダなど計7色。

「Kindle」シリーズは、カラー液晶を備えたタブレット端末「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」のほか、ディスプレイにE Inkを採用した電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 3G」「Kindle Paperwhite」をラインアップする。

※「Kindle Fire」シリーズは、現在、「BCNランキング」の集計対象から除外しています。これまでの経緯と理由についてはこちらをご覧ください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング