ドコモ、下り最大112.5MbpsのモバイルWi-Fiルータ「HW-02E」、3月16日発売

2013.3.13 19:47配信

NTTドコモは、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応し、受信時(下り)最大112.5Mbps、送信時(上り)最大37.5Mbpsで通信できるコンパクトなモバイルWi-Fiルータ「HW-02E」を3月16日に発売する。

IEEE802.11 b/g/n規格の無線LAN(2.4Ghz帯)に対応し、ノートPCやタブレット端末、スマートフォンなど、最大10台のWi-Fi対応機器を同時接続できる中国ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルータ。電源オンから最短5秒で待受画面を表示し、自動でXi/3G/Wi-Fiに切り替える。Wi-Fiテザリングだけではなく、USBテザリングにも対応する。

受信時最大112.5Mbpsという速さは現時点で国内最速だが、対応エリアは北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄の一部に限られる。800MHz帯にも対応し、より広いXiエリアで利用できる。Xiエリア外では、受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbpsの「FOMAハイスピード」のデータ通信に対応。海外での国際ローミング時は、3G/GSMに対応する。

シンプルなデザインのボディに、バッテリ残量、電波状況、Wi-Fi接続機器数などのステータスや、接続に必要なSSID・セキュリティキーなどを確認できるディスプレイを備える。連続待受時間はLTEが約260時間、3Gが約440時間、GSMが約480時間、連続通信時間はLTE/3Gが約5時間、GSMが約4.5時間。サイズは高さ約90.0×幅56.0×厚さ13.9mm(最厚部約14.1mm)で、重さは約103g。カラーはBlue、White、Chocolateの3色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング