アプリで"世界にひとつのケーキ"が簡単に作れて、自宅に届く!「365Gift」を早速利用してみた

2013.3.18 17:30

ソーシャル上でつながっている友達へ、ソーシャルメディアを通じて贈り物をするサービス「ソーシャルギフト」。今回は、新サービス「365Gift」のサービス第一弾、世界にひとつだけのケーキを作って贈れるという「365Cake」を実際に利用。「王道ケーキ」と「普通は作らないような変わり種ケーキ」を一足先に作ってみました。

ソーシャルメディア人口が拡大するのに伴い、徐々に盛り上がってきたソーシャルギフト市場。ソーシャル上でつながっている友達へ、ソーシャルメディアを通じて、贈り物をするサービスです。しかし、まだソーシャルならではの独自性が少なく、各社ともに模索中のよう。そんななか、ほかの商品と大きく差別化を図ったギフトサービスが登場しました。

「世界にひとつのケーキ」で勝負する

実はケーキ市場の売上のおよそ3割が、誕生日用のケーキで占められていることを、皆さんご存知ですか? 「365Cake」は、特別な日にしかプレゼントしないケーキを、より身近なものにしたいという思いもあって作られた新サービス。ちょっとした記念日や何気ない日にも、プレゼントのひとつにしてほしいと提案しています。

サービス提供企業は、スイーツや海産物、野菜、果物など、様々なグルメをECサイトで販売する「オーガニックサイバーストア」を運営する株式会社ドゥマン。365Cakeは、3/18より開始のオリジナルのギフトサービス「365Gift」の第一弾。「365Gift」は、ギフトの贈り主が facebook でつながる友達や恋人、家族にオリジナルのギフトを作成し、グリーティングカードや実際のギフトとして贈ることができるサービスです。(※スタート時点では、スマートフォンのみのご利用となります。PC版は、2013年4月上旬のリリースを予定しています)

「365Gift」の第一弾は、今回の「365Cake」。もともとスイーツを取り扱っていることから、自社のパティシエや物流システムを使うことで、参入障壁を低くすることができた、とは担当者。確かに、生ものをリクエストに応じて届けるというのは難しそうですね...。

そんな365Cakeの最大の特徴はなんといっても、世界にひとつだけのケーキを作って贈れること。「あなたも指先ひとつでパティシエに? いつでもどこでも自分好みのケーキを作れて贈れちゃう!」を合言葉に、Facebookアプリを使って、好きなケーキを作るというしくみです。これは気になる! 今回、リリース開始に当たり運営会社に協力いただき、ケーキを注文することができました。では、早速アプリを立ちあげて、作ってみましょう!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング