ソフトバンクBB、iPhoneとワイヤレスでつながる活動量計「fitbit」を発売

2013.3.14 16:55配信
iPhoneとつなげて計測する活動量計「fitbit」

ソフトバンクBBは、3月13日、iPhoneやiPadと連携して歩数・消費カロリーなどを管理する活動量計「fitbit zip(フィットビットジップ)」と「fitbit one」を3月15日に発売すると発表した。

発表会では、米フィットビットのジェームズ・パークCEOが、ソフトバンクBBの溝口泰雄常務執行役員とともに日本初上陸の「fitbit」を紹介した。

溝口常務は、「スマートフォン関連のアクセサリ販売は、毎年倍増で事業が拡大している。ケースや保護フィルムだけでなく、ライフスタイルを創造するプロダクトを充実させていきたい。新製品を通して毎日の運動の重要性を提案し、健康的なライフスタイルをサポートしていきたい」と話し、「fitbit」への期待をにじませた。

ジェームズ・パークCEOは、「わが社のミッションは、デジタルヘルスケアやフィットネスに変革を起こす楽しいデバイスを提供することだ。積極的に運動したい人だけではなく、誰もが日常的に使えるデバイスを提供したい」と語り、「fitbit」が手軽で簡単に使える機器であると説明した。

「fitbit」は、Bluetooth 4.0でワイヤレス接続したiPhoneやiPadから歩数や消費カロリーなどを手軽にチェックできる活動量計。専用アプリを使ってデータを管理したり、活動量の目標を設定したり、食事や体重のログを記録したりすることで、総合的に健康をサポートする。

スタンダードモデルの「fitbit zip」は、丸みを帯びたキュートなデザイン。サイズは約28.0×35.5×9.7mmで、重さはわずか約8gだ。カラーはライム、マゼンタ、ブルー、チャコールの4色で、価格は5480円の見込み。

上位機種の「fitbit one」は、睡眠サイクルや回数を記録し、設定した時間にバイブレーションを使って目覚めをサポートするアラーム機能を搭載。サイズは約19.3×48.0×9.7mmで、重さは約8g。カラーはバーガンディとブラックの2色で、実勢価格は9980円の見込み。

楽しく、継続して利用できるよう開発した専用アプリで、「fitbit」を使っている友だちを登録し、活動記録を共有できる。友だちのなかで自分の活動レベルがどの位置にあるのか、ランキング表示ができるので、切磋琢磨しながらゲーム感覚で運動が楽しめる。

iPhoneやiPadのほか、OSがXP以降のWindows PCやMac OS X 10.5以降のMacともワイヤレス接続し、健康管理ができる。PCの管理画面では過去1年間の活動記録が確認できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング