今夏、日本初公開!「カサブランカ」「雨に唄えば」「サイコ」の名作シネマ3作品全編を生オケの演奏で観る

2013.3.15 14:45配信
サイコ サイコ

観るだけじゃない。聴くだけじゃない。名作映画と生オーケストラのシンクロが織り成す画期的なプロジェクト「名作シネマとオーケストラ」(シネオケ)の新シリーズ3作品の日本初公開が決定した。

「名作シネマとオーケストラ」の公演情報

シネオケは、最新のデジタル技術により、映画本編から台詞や歌声、効果音などのオリジナル音源は残し、オーケストラの音楽部分のみを完全カットしたものを巨大スクリーンに上映。その映像にフルオーケストラが生演奏を寸分違わず合わせるという、新しい映画上映、映画音楽コンサートのスタイルだ。

日本国内でのシネオケ第一弾は、昨年9月、東京と大阪で佐渡裕指揮により行われた『ウエスト・サイド物語』。「映画の中の俳優たちが実際に歌いだしたようだ」「映画と音楽の素晴らしさを再認識した」など、オーケストラと映画の登場人物の“競演”が大絶賛され、2万人以上の動員を記録した。

そして今夏、映画ファン、音楽ファンの熱い期待に応えて、歴史的名作から3作品『カサブランカ』『雨に唄えば』『サイコ』の一挙“初”公開が決定。『カサブランカ』は2011年7月にアメリカで初演、『雨に唄えば』は2013年3月にロンドンで初演、『サイコ』は2010年7月にアメリカで初演がなされており、いずれも高い評価を獲得。往年のファンにとっては、映画館やテレビで観たこれらの名作にかつてない興奮と感動を生で感じ、また初めて作品を鑑賞する人にとっては映画と音楽の芸術世界を探求できる、極上の体験といえるだろう。

「名作シネマとオーケストラ」は、7月19日(金)から21日(日)に東京文化会館 大ホールで開催(全6回)。チケットの一般発売は4月20日(土)10時より。また一般発売に先駆けて、チケットぴあでは3月15日(金)18時より最速先行の受付が開始となる。

■名作シネマとオーケストラ
 vol.2「カサブランカ」vol.3「雨に唄えば」vol.4「サイコ」
7月19日(金) 14:00開演 vol.2「カサブランカ」
7月19日(金) 18:30開演 vol.4「サイコ」
7月20日(土) 12:00開演 vol.2「カサブランカ」
7月20日(土) 16:30開演 vol.3「雨に唄えば」
7月21日(日) 12:00開演 vol.3「雨に唄えば」
7月21日(日) 16:30開演 vol.4「サイコ」

会場:東京文化会館 大ホール
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

いま人気の動画

     

人気記事ランキング