©Disney

東京ディズニーランドが、1年で一番キラキラ輝く季節といえば…クリスマス! 

スペシャルイベント「クリスマス・ファンタジー」を開催中(2017年12月25日まで)の東京ディズニーランドを、子連れファミリーがたっぷり楽しむコツを伝授します! 

来園前に「家族でやりたいこと」を決めておこう

©Disney

東京ディズニーランドには、家族で楽しめるアトラクションはもちろん、ショーやパレード、食事までお楽しみが盛りだくさん。

当日来園してから「さて、何をしようかな?」と考えると、全く思い通りにいかずに、並んでばかりで1日が終わってしまうかもしれません。

そうならないために、来園前に家族で話しておいた方がよいことが3つあります。

 

1. 絶対に乗りたいアトラクションを決めておく

「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」は、赤ちゃんも抱っこで一緒に乗れます ©Disney/Pixar

園内にはたくさんのアトラクションがあり、子供の年齢や身長によっては乗れないものもあります。

公式サイトで事前に確認しておき、「どうしても乗りたいもの」を1つか2つ決めておきましょう。

人気の「プーさんのハニーハント」や「モンスターズインク・ライド&ゴーシーク」などは、ファストパスが開園早々に無くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

期間限定版のアトラクションもぜひ候補に

カントリーベア・シアターの劇場内 ©Disney

アトラクションを選ぶときに、是非候補に入れてほしいのが、期間限定バージョンを楽しめるもの。

「カントリーベア・シアター」は、クマの楽団がクリスマスソングを演奏する「ジングルベル・ジャンボリー」を公演しています。

園内が混雑していても比較的空いており、20分ほど温かい室内で楽しめるので、子連れファミリーにはオススメのアトラクションです。

2018年1月3日まで、映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』特別バージョンに変身 ©Disney

通常"ディズニー版オバケ屋敷"の「ホーンテッドマンション」は、『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のキャラクターがジャックして「ホリデーナイトメアー」バージョンに。

通常版よりおどろおどろしい演出は少なめですが、暗闇が苦手な子供は要注意です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます