【でんぱ組.inc】アキバ発、アイドル界を変える6人の"オタク"たち【3対談&インタビュー】

秋葉原を拠点に活動を続けながら、『でんぱれーどJAPAN』などの話題曲を立て続けにリリースしている「でんぱ組.inc」。メンバー全員がオタクというキャラはもちろん、多彩な楽曲やパフォーマンス、活動スタイルにも注目が集まっている。彼女たちはどこから来て、どこに行こうとしているのか?3本のメンバー対談で、でんぱ組.incの過去・現在・未来を解き明かす!(※掲載インタビューは発売中の雑誌「ウレぴあ」Springより一部抜粋)

秋葉原を拠点にライブ活動を続けながら、『でんぱれーどJAPAN』『W.W.D』などの話題曲を立て続けにリリースしている、でんぱ組.inc。メンバー全員がオタクというキャラはもちろん、その多彩な楽曲やパフォーマンス、活動スタイルにも注目が集まっている。彼女たちはどこから来て、どこに行こうとしているのか?3本のメンバー対談で、でんぱ組.incの過去・現在・未来を解き明かす!

アキバから世界へ! 今まさにそんな夢を実現しようとしているアイドルユニットが、でんぱ組.incだ。シーンの中でも飛び抜けて個性的なこのグループ。はっちゃけたポップな曲も、6人の濃いキャラも、全力の熱いパフォーマンスも、一度触れたら〝感電〟すること間違いなしの刺激と魅力を持っている。

秋葉原のライブ&バー「ディアステージ」を拠点に活動してきた彼女たち。昨年から徐々に支持が拡大、今年1月にリリースされたシングル『W.W.D /冬へと走りだすお!』がオリコントップ10入りし、一気に注目の的になった。その最大の持ち味は、6人全員がオタクカルチャーにどっぷり染まって育ってきたということ。ゲーマーの古川未鈴、声優オタクの相沢梨紗、アニオタの成瀬瑛美、ネトゲ廃人の最上もが、古漫画オタクの夢眠ねむ、筋金入りのコスプレイヤー藤咲彩音。「いじめられ部屋にひきこもっていた」という衝撃的な歌い出しから始まる『W.W.D』は、そんな6人がでんぱ組.incに行き着くまでの半生を「マイナスからのスタート、舐めんな!」とハイテンションに歌い上げた話題の一曲。そういうメンバーの個性に加えて、アニソン特有の「電波ソング」から渋谷系、ヒップホップまで縦横無尽な楽曲のバラエティ感も、でんぱ組.incの大きな魅力だ。

5月リリース予定の新曲『でんでんぱっしょん』も、疾走感たっぷりのメロディとハチャメチャな展開でアッパーに盛り上がること必至のナンバー。先日は初の海外公演も実現、さらなるブレイクは間違いなし。合言葉は「萌えキュンソングで世界に元気を発信♪」。アイドルの枠を超えて新しいカルチャーを生みつつある存在なのだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング