ソフトバンクモバイル、イー・アクセスのLTE網が利用できる「ダブルLTE」を提供

2013.3.21 22:23配信
「ダブルLTE」の接続イメージ

ソフトバンクモバイルは、3月21日、「iPhone 5」など、「SoftBank 4G LTE」対応機種でイー・アクセス(イー・モバイル)のFDD-LTEネットワーク網を利用できる「ダブルLTE」を提供すると発表した。都内の一部地域から開始し、順次全国に拡大していく。

「ダブルLTE」によって、下り最大75Mbps(一部エリアのみ)の高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」対応機種では、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEのネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているFDD-LTEのネットワークを利用できるようになる。混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するので、より安定した快適な通信ができるという。二つのLTE網を合わせたSoftBank 4G LTE対応基地局は、2014年3月末には3.8万局になる予定。

「SoftBank 4G LTE」の現時点での対応機種は、スマートフォンのiPhone 5と、タブレット端末のiPad mini Wi-Fi + Cellularモデル、iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代iPad) Wi-Fi + Cellularモデルの3機種。

なお、イー・アクセスの「EMOBILE LTE」対応スマートフォンは、今夏以降、ソフトバンクモバイルの3Gサービスエリアでも利用できるようなる予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング