ソ・イングク、日本歌手デビューに意気込み「皆さんと一緒に歌える歌手になりたい」

2013.3.22 12:28配信
4.24に日本で歌手デビューするソ・イングク 4.24に日本で歌手デビューするソ・イングク

シングル『Fly Away』(4月24日発売)で日本CDデビューする、韓国の人気歌手で俳優のソ・イングクが3月21日、都内でマスコミ向けのデビュー記念イベントを行った。

ソ・イングクのアーティスト情報

ソ・イングクは、2009年に韓国最大の音楽オーディション番組『スーパースターK』で、72万人の中から優勝し、同年に『Loving U』で歌手デビューした。2012年には、チャン・グンソクとユナ(少女時代)の共演で話題となったドラマ『ラブレイン』で俳優デビュー、初出演ながら高い演技力が評価され、同年の学園ドラマ『応答せよ1997』で初主演を果たした。同作は、韓国の若者の間で社会現象を巻き起こす程の人気を博し、ソ・イングクは、コリアドラマフェスティバル「男性新人賞」ほか韓国のアワード9つを受賞し、大ブレイクした。

日本デビューにあたり、ソ・イングクは「とても光栄です。正直、緊張してプレッシャーを感じています。でも、同時にドキドキとワクワク感もあって胸がいっぱい」。韓国ではすでに人気者だが、日本では新人とあって、「たくさんの方に僕を知ってもらって、一緒に僕の歌を歌ってもらえるように頑張ります」と意気込みを語り、「コンサートをたくさんやって、“息吹”を感じられる、皆さんと一緒に歌える歌手になりたい」と目を輝かせた。

日本の文化が好きだそうで、特に食文化がお気に入り。「ラーメン、どんぶり、お寿司、うどん……重要なのはお酒!」と力を込め、笑いを誘った。また、日本の歌手、中島美嘉と共演したいと話し、「冬に似合いそうな、悲しいバラードをデュエットしてみたいです」とラブコールを送った。

『応答せよ1997』では、純情で男らしい役柄と美しいキス顔が大きな話題となった。韓国中の女性を虜にし、「キス顔ナンバーワン」と称されたことは「最高の褒め言葉です。僕は一生懸命キスしただけ(笑)」。しかし、この賛辞がプレッシャーになったようで「次の作品からも『上手い』って言われないとダメじゃないですか」と悩みを吐露。「ローションも使わないくらいだったのに、唇のケアをするようになったんです。唇パックをしたり…」と明かし、「次からも頑張ってキスします!」と意気込み、報道陣を沸かせた。

この日は、『Fly Away』を含む2曲を披露。また同曲のミュージック・ビデオも初公開された。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング