ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

11月29日、『EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会』に臨む日本代表メンバーが発表された。『FIFA クラブワールドカップ』に参戦する浦和レッズを除いたクラブから国内組23名が選出された。

【チケット情報はこちら】

気になるメンバーは以下の通り。
【GK】東口順昭(G大阪)、権田修一(鳥栖)、中村航輔(柏)
【DF】山本脩斗(鹿島)、西大伍(鹿島)、谷口彰悟(川崎F)、車屋紳太郎(川崎F)、昌子源(鹿島)、植田直通(鹿島)、三浦弦太(G大阪)、初瀬亮(G大阪)
【MF】今野泰幸(G大阪)、高萩洋次郎(FC東京)、清武弘嗣(C大阪)、大島僚太(川崎F)、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(G大阪)
【FW】小林悠(川崎F)、倉田秋(G大阪)、金崎夢生(鹿島)、阿部浩之(川崎F)、杉本健勇(C大阪)、伊東純也(柏)

ハリルホジッチ監督は「Jリーグの選手にとって、自分を見せてA代表に立候補する絶好の機会。浦和の選手を呼べず、山口蛍もケガをし、直前にリストが変更になったが、ホームで行われる大会。目標は優勝」と選手たちの奮起を期待するとともに、目標を明確にした。さらに「来年の地球規模の大会に向けてのテストであることも忘れてはいけない。最終ストレートを前にした最後のテストになる」と国内組にとってのラストチャンスであることを示した。

指揮官は選手個々についても言及。代表初選出の初瀬、三竿、伊東について次のようにコメントした。
「五輪代表でプレーし、まだまだ伸び代がある。左右両方でキックできるし、初瀬はサイドだけではなく中盤でもプレーできる」
「三竿はボールを奪える。そして奪った後のファーストパスも面白いものを持っている」
「伊東はスピードがあり、仕掛けるタイプ。違いを生むことができる。90分間繰り返しアップダウンすることができる」

代表復帰となった権田、大島、清武、金崎について次のように語った。
「権田は久しぶりの復帰となった。現在、最もコンディションのいいGKだと思う」
「大島と清武はケガで代表から離れていたが復帰した。彼らはトップコンディションではないかもしれないが、今回呼んで話をしたい」
「夢生は前線でよく動く選手。パワーがあり、アグレッシブに動く。代表ではCFとして中央でプレーしてほしい。また彼はデュエルの部分で激しく戦える選手。杉本、興梠(慎三)、小林には夢生のようなアグレッシブさを身につけてもらいたい」

『E-1』で日本代表は12月9日(土)・北朝鮮戦、12日(火)・中国戦、16日(土)・韓国戦に臨む。会場はすべて味の素スタジアム。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます