日本HP、タッチ操作対応のスリムノートPC「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100」、インテルモデルとAMDモデル

2013.3.25 17:43配信
HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100

日本ヒューレット・パッカードは、タッチ操作に対応したスリムノートPC「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100」を発売する。オンラインショップ「HP Directplus」やHP Directplusコールセンター、常時展示スペース「HP Directplus Station」向けの「インテルモデル」と、量販店向けの「AMDモデル」がある。

「インテルモデル」「AMDモデル」ともに、タッチ操作対応の15.5インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)を搭載し、OSはWindows 8 64ビットを採用。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth。テンキーつきの浮き石型キーボードとタッチジェスチャー対応のタッチパッド、約92万画素のウェブカメラ、「ALTEC LANSING」ステレオスピーカー、USB3.0ポート×2基を搭載する。

ディスプレイは、従来の「HP Pavilion」シリーズよりも硬質なハードコート仕上げを施し、タッチ操作によるキズがつきにくい。きょう体の表面は光沢が長続きする「HP Imprint」を採用した。

HDDを振動や衝撃から守る「HPプロテクトスマート・テクノロジー」や、ピーク時間帯を避けて電力を供給する「HPピークシフト機能」など、多彩な機能を備える。サイズは幅386×高さ24×奥行き259mmで、重さは約2.5kg。

「インテルモデル」は、「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b134TU」と「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b133TX」、また両機種それぞれに解説本『速効!図解HPパソコン』Windows 8 対応 特別版』や技術サポート「HPなんでも相談サービス(30日用)」、Windows 8操作方法を30分間レッスンする「Windows 8訪問レッスン(30分)」をセットにした「安心おまかせモデル」の計4モデルを用意している。いずれのモデルも、バッテリ駆動時間は約5時間。3月26日に発売する。

「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b134TU」(スタンダード・タッチモデル)は、標準構成ではCPUにインテルCore i3-2375M、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。価格は5万9850円からで、「安心おまかせモデル」は6万3000円から。

「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b133TX」(パフォーマンス・タッチモデル)は、標準構成ではCPUにインテルCore i5-3337U、グラフィックスにNVIDIA GeForce GT630M、8GBのメモリ、750GBのHDDを搭載する。価格は7万9800円からで、「安心おまかせモデル」は8万2950円から。

「AMDモデル」は、「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b102AU」の1モデル。クアッドコアのAMD A8-4555M APU、グラフィックスにAMD Radeon HD 7600G、8GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。

バッテリ駆動時間は約5時間30分。通常の製品保証に加えて、「HPなんでも相談サービス(30日用)」が標準で付属する。価格はオープンで、実勢価格は7万8000円前後の見込み。4月3日に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング