バーグハンバーグバーグ通信

知らないと損する!? 女の子が出す”脈アリ”のサイン6パターン

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第10回。女性の心理は変わりやすくなかなか掴めないもの。何が好意で何がそうでないのか疑心暗鬼になってしまいますよね。そこで今回は、女の子が好きな男の子の前で思わず出してしまう”脈アリ”のサインをこっそりレクチャーします!

女心は秋の空というように、女性の心理は変わりやすくなかなか掴めないもの。「あんなに行けそうだったのに何故!?」「あの時のあの態度は何だったの!?」といった苦い経験を重ねると、何が好意で何がそうでないのか疑心暗鬼になってしまいますよね。

しかし、女性だって本当は自分の好意に気付いてほしくて無意識のうちに「好き」のサインを出しているものなのです。そういった兆候を何度も見逃してしまうと、女の子の方も愛想が尽きて他の男の子に心変わりしてしまうかもしれません。

今回はそんな悲劇を防ぐために、女の子が好きな男の子の前で思わず出してしまう”脈アリ”のサインをこっそりレクチャーしちゃいます!

 

 

 

わざわざ他の男子に話しかけて嫉妬させようとしてくる


これほど見え見えな作戦はありません。女の子は好きな男の子がなかなか振り向いてくれないと、あえて見える所で関係のない他の男子に話しかけて嫉妬させようとしてくるのです。このような場合は女の子にもう少し構ってあげたほうが良いでしょう。
 

 

 

 

シードにしてくれる


女の子はトーナメント表を作る時、好きな人に少しでも勝ち上がってほしい、県大会でベスト4ぐらいまで行ってほしいという気持ちが出てしまうため、思わず好きな人をシードに設定してしまう傾向があります。このような場合は「優勝したら付き合ってくれ」と約束してあげ、優勝すると良いでしょう。
 

 

 

 

太刀筋に迷いがある


ひと思いに斬らなければならない場面で太刀筋に迷いが出てしまうのは、相手のことが好きであるからに他なりません。女の子は誰だって「好きな人を斬り捨てたくない」と心のどこかで思っているものなのです。うまく回避したらこう言いましょう、「完璧に見切ったよ、君の太刀も気持ちも・・・。」

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント