6年ぶり来日のマリオン・コティヤール、キャリア最大の難役も「私は幸運」

2013.3.27 17:58配信
マリオン・コティヤール

仏女優のマリオン・コティヤールが6年ぶりに来日を果たし26日、都内で開催された主演映画『君と歩く世界』のジャパンプレミアに出席。メガホンを執るセザール賞の常連ジャック・オディアール監督(『真夜中のピアニスト』『予言者』)とともに舞台あいさつに立ち、渾身の本作をアピールした。

その他の写真

事故で両脚を失くしたシャチの調教師・ステファニー(コティヤール)が、愛情を素直に表現できない不器用な男性と出逢い、生きる喜びを取り戻していく姿を描いたヒューマンドラマ。「コンニチハ」と日本語であいさつしたコティヤールは、過酷なハンディキャップを抱えたキャリア最大の“難役”にも「こんな強い存在感を放つ女性を演じられるなんて、私は最高に幸せな女優だと思うわ」と役柄同様に力強いコメント。

それでも「事故後に自分の足がなくなったと病院で気づくシーンは、どんな気持ちで演じたらいいのか悩んだ。監督と話し合い、心情を探っていった」と役作りは決して平坦ではなかった様子。オディアール監督は「以前から彼女と仕事がしたかったし、ステファニーを演じられる女優は彼女しかいない」と演技力と美貌を兼ね備えるコティヤールを称えていた。

プレミアには女優の中谷美紀が駆けつけ、コティヤールとオディアール監督に花束をプレゼント。コティヤールと同じ現在37歳で「地球上に同い年でこんな素晴らしい女優さんがいるなんて、自分にとっても刺激になる」と対面に感激しきり。「多くのものを失うヒロインの姿は観ていて辛かったが、マリオンさん演じるステファニーと一緒に喜怒哀楽をともにし、とても心を打たれました」と称賛を贈ると、コティヤールは「言葉も出ないわ。同じ女優として、自分の仕事を評価されるのはこれ以上ない光栄なこと」と感謝を述べ、中谷と熱い抱擁を交わしていた。

『君と歩く世界』
4月6日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング