KDDI、スマートフォン向けに「エリア品質情報送信機能」を提供

2013.3.28 17:9配信

KDDIと沖縄セルラーは、3月28日、通信品質向上の取り組みとして、au携帯電話の一部機種に搭載している「エリア品質情報送信機能」をスマートフォンにも提供すると発表した。

「エリア品質情報送信機能」は、通話やデータ通信時のエリア品質、発生場所(GPS位置情報を含む)、電波状況を携帯電話で自動収集・送信する機能。エリア品質情報を統計的に分析し、電波状況の改善に役立てる。

「au Wi-Fi 接続ツール」の一部機能として提供し、アプリの「メニュー」上で、ユーザー自身でいつでも「エリア品質情報送信機能」の設定をオン/オフできる。対象となる通信は、音声(発着信)、キャリアが提供する@ezweb.ne.jpのEメール(送受信)、ウェブ通信、YouTube(動画再生)。

対象機種は、スマートフォンのXPERIA VL、AQUOS PHONE SERIE、ARROWS ef、optimus G、DIGNO S、VEGA、G'zOne TYPE-L、INFOBAR A02、HTC J butterflyと、タブレット端末のAQUOS PAD。今後、発売するAndroid搭載スマートフォンでも対応する予定。

エリア品質情報の送信にかかる通信料は無料。バッテリ消費にも配慮しているという。取得したエリア品質情報は、エリア通信品質向上以外の用途には利用せず、この情報から個人を特定することはない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング