シャープ、おいしい生ジュースをつくるジューサー「EJ-CP10B」、フィルター一体型スクリューで手入れが簡単

2013.3.29 11:15配信
EJ-CP10B

シャープは、健康や美容への効果に優れたおいしい生ジュースをつくるスロージューサーの第二弾「ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP10B」を4月23日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万6000円前後の見込み。

スクリューが低速回転(32回転/分)しながら、ゆっくりと食材を押し潰す「低速圧縮絞り方式」を採用。高速で食材をかき混ぜる「高速遠心分離方式」に比べ、整腸作用やコレステロール低下作用があるペクチンの残存量が約2倍、貧血予防効果がある葉酸が約17%多くなる。また、ポリフェノールやビタミンCの残存量が多くなることも実証した。

従来機の搾汁部は、フィルター、スクリュー、タンククリーナーの三つのパーツで構成していたが、新製品「EJ-CP10B」は、これらを一体化した「フィルター 一体型スクリュー」によって、組立てや手入れがより一層簡単になった。また、金属刃を使わない安全設計に加え、耐熱性にすぐれた素材を採用して食器洗い乾燥機にも対応。排出口からジュースが垂れるのを防ぐシリコン製ジュースキャップを採用するなど、使い勝手や手入れの負担低減にも配慮した。このほか、運転音を従来機の71dbから63dBに低騒音化している。

サイズは、幅150×奥行き194×高さ435mmで、重さは約4.8kg。カラーは、レッド系とホワイト系。ジュースに加えて、豆乳や生姜汁、コーンスープなど、幅広いメニューをつくることができる。また、食物繊維が多く含まれる搾汁後の繊維を、料理やお菓子づくりに活用することができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング