“国内最年少のコンマス”水谷晃が、東京交響楽団のコンサートマスターに就任

2013.3.29 18:55配信
水谷晃 水谷晃

2013年4月1日より東京交響楽団のコンサートマスターに水谷晃が就任することが発表された。

「東京交響楽団」の公演情報

1986年生まれ、現在27歳のヴァイオリニスト、水谷晃は桐朋学園大学を首席卒業。同校在学中に結成したウェールズ弦楽四重奏団が、2008年の第57回ミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門において第三位入賞。国際コンクールの中でも超難関として知られる同コンクールでの入賞は、日本の弦楽四重奏団としては東京クヮルテット以来、38年ぶりの快挙となり大きな話題を呼んだ。

その後、2010年4月に国内最年少のコンサートマスターとして群馬交響楽団に入団。国内の主要オーケストラにもコンサートマスターとして客演するほか、サイトウ・キネン・オーケストラにも参加するなど多方面で活躍中だ。

東京交響楽団コンサートマスターには4月1日付で就任。同楽団の定期演奏会への初登場は、6月29日(土)の川崎定期演奏会(ミューザ川崎シンフォニーホール)および6月30日の第611回定期演奏会(サントリーホール)となる予定だ。

■東京交響楽団 新コンサートマスター 水谷晃 出演予定の主な公演
・こども定期演奏会 第45回
 4月6日(土) 11時開演 サントリーホール
・MUZAリニューアル・オープンコンサート
 4月7日(日) 15時開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
・オーケストラで楽しむ映画音楽IV
 4月13日(土) 15時開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
・川崎定期演奏会 第41回
 6月29日(土) 18時開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
・第611回 定期演奏会
 6月30日(日) 14時開演 サントリーホール

いま人気の動画

     

人気記事ランキング