CHAI 撮影:中磯ヨシオ

2017年ももうすぐ終わり。今年の音楽シーンのトピックとして真っ先に挙げたいバンドがいる。

今年、SNSやフェス、ライブイベントの現場で「CHAI」の4文字を目にする機会が増えた。チャイと読む。最新のアーティスト写真は鮮やかなピンクをバックに、顔を寄せ合ってニヤ~っと微笑む多幸感満載の女子4人の顔面どアップだ。すでにインパクトがすごい。

でももっとすごいのが彼女たちのライブだ。早々に宣言してしまおう。CHAIこそ、いま最もライブを見るべきバンドである! いや、それほどすごいんです、このバンド。

なにがそんなにすごいのか。渋谷WWWで開催された、1stフルアルバム『PINK』を引っさげたツアーの東京公演の模様から、CHAIというバンドの得難さを紹介したい。

マナ 撮影:中磯ヨシオ

CHAIは、双子の姉妹であるマナ(Vo.&Key.)とカナ (Vo.&Gt.)、そしてユウキ(Ba.&Cho.)とユナ (Dr.&Cho.)のリズム隊という4人組。2015年から本格始動している。

CHAIは自らを“ニュー・エキサイト・オンナバンド”と称する。いわゆる既存のガールズ・バンド的存在とは一線を画したいということなのだろう。そして実際に一線を画しまくっていることは、そのステージを見れば一目瞭然だ。

オーディエンスを引き込むためならどんな手でも使うぜ!と言わんばかりに、ときにMCで客をいじったり、ときに作品宣伝のためだけの曲を披露したり、ときに「ぶ~!」とブーイングを強制したり。

てんこ盛り盛りに盛られた4人のパフォーマンスは、バンドの本格始動からまだ2年ほどしか経っていないのに、アートフォームとしてすでに洗練されている。

CHAI 撮影:中磯ヨシオ

とにかく客をノセるのがうまい! 各地の夏フェスやイベントで初見の客をおおいに盛り上げたパフォーマンスは、この日のワンマンでもさらにパワーアップ。すでにアメリカでのライブも成功させていて、軽々と国境を超えるポテンシャルを備えていることも実証済みだ。

では単に飛び道具的なパフォーマンスだけで注目を集めているのかというと、もちろんそんな訳はない。さらに魅力的なのがカラフルかつ骨太な楽曲と演奏だ。

カナ 撮影:中磯ヨシオ

インディー・ロック~ニューウェーブ~ポストロック~ヒップホップ――様々な音楽性を「これカッコいいよねっ」という抜群のセンスで無邪気にミックス。そんな楽曲たちを思わず息を呑む迫力の演奏で鳴らすCHAIのグルーヴは、盛り上げ重視の縦ノリではなく、腰にクる。

性別・世代・国籍関係なく思わず体を揺らさずにはいられない、広義のダンス・ミュージックとしてめちゃめちゃ高性能なのだ。

そんなサウンドとキャッチーなパフォーマンス、そのがっぷり四つっぷりが尋常じゃないから、CHAIのライブにはナマならではの爆発力がちゃんとある。本当にライブがうまいバンドって、こういうバンドのことを言うのだと思う。

ここまででCHAIのライブをおすすめする理由としては十分すぎるほど。だけどCHAIの魅力はこれだけではない。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます