泥遊びが大好きな子どもたち。楽しそうに遊んでいる姿は微笑ましいものの、ママとしては「洗濯が大変だ…」というのが正直なところなのではないでしょうか。

そこで、今回はなかなか落ちにくい「泥汚れの落とし方」についてご紹介します。毎日の洗濯に奮闘しているママはぜひ参考にしてみてください。

泥汚れは洗剤では落ちない!?

泥汚れってなかなか洗濯機では落とすことができませんよね。「洗剤の量は適切なのになぜ…?」「ケチャップやソースの汚れは落ちるのに泥汚れはビクともしない」なんて頭を抱えるママは少なくありません。

一体なぜ、泥汚れは落としにくいのでしょうか。

洗剤で落とせるのは「水溶性の汚れ」「油汚れ」が基本

洗剤で落とせる汚れは、一般的に「水溶性の汚れ」です。水に溶ける汚れや油汚れであれば、洗剤で汚れを溶かしたり、汚れを浮かしたりすることができます。

しかし、泥汚れの原因である「砂」「土」などは水溶性の汚れではない上に、水にも浮かないタイプの汚れです。そのため、洗剤ではなかなか落とすことができません。

また、「漂白剤」も同様に、泥汚れにはあまり効果がありません。

効果的に落とすには「石鹸」がおすすめ

泥汚れは一般的に「不溶性」の汚れです。そのため、洗剤では落としにくいというのが特徴ですが、「石鹸」であれば効果的に落とすことが可能です。

しっかりと泡立てて、繊維のスキマに入り込んだ泥を動かしていきます。こすり洗いをしたり、服を強く絞ったりすることで、泥は動かされて服の繊維から出てきやすくなるのです。

「洗剤で落ちないのは洗浄力の弱さ」が原因ではないということを頭に入れておきましょう。

泥汚れはこうして撃退!真っ白シャツを実現する泥汚れの洗濯テクニック

乾かして泥を落とす

まずは、泥を乾かすことが先決です。中には、泥が湿っている状態のまま手洗いしたり、そのまま洗濯機で洗ったりしてしまうママもいるとは思いますが、泥汚れが綺麗に落ちるか落ちないかは「乾かす」という工程にかかっているといっても過言ではありません。

乾かすことによって洗濯前にある程度手で泥を叩き落とすことができます。洗濯前に行うことで、泥が服の繊維の中に入り込んでしまう量を最小限に減らすことができます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます