木村大作監督の新作『春を背負って』に松山、蒼井、豊川らが集結!名カメラマン木村大作が監督を務める映画

2013.4.3 15:47配信
『春を背負って』キャスト発表

名カメラマン木村大作が監督を務める映画『春を背負って』に松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫ら豪華なメンバーが出演することが発表された。

その他の画像

『春を背負って』は、笹本稜平氏の同名小説が原作。立山連峰を舞台に、家族と、菫(すみれ)小屋に集う人たちの力強い生き方と、温かな交流を描く人間ドラマ。松山は主人公・長嶺亨を、小林と檀は亨の両親を、蒼井は山小屋で働く高澤愛を演じる。そのほか、新井浩文、吉田栄作、池松壮亮、安藤サクラ、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石橋蓮司、夏八木勲らが出演することも発表された。

松山は「クランクインの前に、木村監督と一緒に冬山の登山を体験させてもらいました。山に一緒に登って良かったと思う事は、監督とたくさんコミュニケーションをとれた事です。監督の作品、演技に対する気持ちを知る事が出来たのは一番の役作りになったと思います。監督は感情の人。それがたたずまいに反映出来るように演じていきたいと思っています。」と言い、蒼井は「木村組初参加となりますが、久しぶりの過酷なロケになりそうで、今からワクワクしています。木村さんの振られるタクトに集中し、信じ、見逃さず、生還したいと思います」と意気込みを語っている。

また、父の友人を名乗る不思議な山男・ゴロさんを演じる豊川は「大自然の中で、自分が感じた事を、そのまま役に託して、観客のみなさんにお伝えできればいいなと。大変な撮影になるのでしょうが、今からワクワクしています」とコメント。富山県立山連峰で4月から11月までの8か月にも及ぶ長期ロケを敢行する予定で、来年6月の公開を目指す。

『春を背負って』
2014年6月全国東宝系ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング