マウスコンピューターの11.6インチタブレット端末「LuvPad WN1100」、フルHD表示に対応

2013.4.3 17:12配信
「LuvPad WN1100」(左)と「LuvPad WN1100-WKM」

マウスコンピューターは、フルHD表示に対応した11.6インチIPS液晶を搭載し、OSにWindows 8を採用したタブレット端末「LuvPad WN1100」を、4月8日15時にウェブサイト、電話通販窓口、各ダイレクトショップで発売する。価格は、「LuvPad WN1100」(本体のみ)が5万9850円、本体とキーボード・マウスのセットモデル「LuvPad WN1100-WKM」が6万9930円。

GPU統合型CPUのAMD Z60 デュアルコアAPUを採用。10点マルチタッチ対応の11.6インチIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、2GBのメモリ、128GBのSSDを搭載する。インターフェースは、microUSB2.0×1基、Micro HDMI×1基、100万画素のウェブカメラなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0に対応。OSはWindows 8 64ビット。

DLNA対応サーバ上のテレビ番組やビデオを楽しめる「StationTV Link」、ネットラジオアプリ「AUPEO! Personal Radio」、ウェブカメラ用ツールを集めた拡張ソフト「YouCam 5」などのアプリをプリインストールする。

「LuvPad WN1100-WKM」には、Bluetooth接続のMicrosoft Wedge Mobile keyboardとWedge Touch Mouseが付属する。バッテリ駆動時間は約5.5時間。サイズは幅296×高さ10×奥行き191mmで、重さは約810g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング