パナソニックのホームシアターシステム新製品、テレビの前に置いてもじゃまにならない「SC-HTB170/65」など

2013.4.3 17:50配信
「SC-HTB170」(上)と「SC-HTB65」

パナソニックは、ホームシアターシステム「シアターバー」の新製品として、テレビの前に置いても画面が隠れにくい「SC-HTB170/65」と、ワイヤレスサブウーファーを採用した「SC-HTB570」を、4月26日に発売する。

「SC-HTB170/65」は、スリムなボディにサブウーハーを内蔵したオールインワンタイプ。設置角度の調節ができ、本体を上向きにした0°設置にすれば、テレビの前に置いてもじゃまにならない。スピーカーの角度を検知するセンサによって、どの角度で設置しても最適な音響で楽しめる。不要な重低音振動を低減する「振動キラー」を搭載する「SC-HTB170」と、「振動キラー」なしの「SC-HTB65」をラインアップする。

サイズは、幅950×高さ66×奥行き105mm。重さは「SC-HTB170」が約3.4kg、「SC-HTB65」が約3.2kg。カラーはブラックで、「SC-HTB170」はシルバーを加えた2色。価格はオープンで、実勢価格は、「SC-HTB170」が2万6000円前後、「SC-HTB65」が2万円前後の見込み。

「SC-HTB570」は、ワイヤレスサブウーファーを採用。左右のスピーカーは、一つに合わせてテレビの前面に置く「ヨコ型スタイル」と、テレビの両サイドに立てて使う「タテ型スタイル」の二つのスタイルからスペースやインテリアに合わせて設置できる。

サイズは、本体(メインユニット)が幅310×高さ45×奥行き188mmで、重さは約1.15kg。サブウーハーが幅180×高さ408×奥行き306mmで、重さは約4.8kg。スピーカーのヨコ設置時が幅1060×高さ68×奥行き41mmで、重さが約1.5kg。タテ設置時が幅68×高さ541×奥行き41mmで、重さが約0.8kg。カラーはシルバー。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

「SC-HTB570」「SC-HTB170/65」ともに、Bluetoothに対応。スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで楽しめる。テレビドラマのセリフやスポーツ中継の解説など、人の声を4段階でより聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」を搭載する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング