ドコモ、健康管理・疾病予防の携帯電話・スマートフォン向けサービス「docomo Healthcare」を開始

2011.12.1 17:20配信
「docomo Healthcare」の画面イメージ

NTTドコモは、健康管理や疾病予防をサポートする携帯電話・スマートフォン向けサービス「docomo Healthcare」を12月1日に開始した。無料の7種類の基本コンテンツと有料の追加コンテンツを提供する。

基本コンテンツは、簡単な質問に回答し、メタボリックシンドローム危険度やからだのむくみ、胃腸のトラブル度などの健康状態をチェックする「セルフチェック」、体重・血圧などのデータや、セルフチェックの結果などを記録・管理する「マイカルテ」、処方された薬の服用歴を記録する「お薬手帳」、気になる病気の症状や近隣の病院情報、薬の効用・副作用を検索する「病気検索」「病院検索」「お薬検索」、健康や医療に関する情報を提供する「コラム」の7種類。

このほか、健康・医療分野のパートナーと連携し、健康管理・病気予防の行動を支援する「おすすめプログラム」を提供する。サービス開始当初は、ダイエット支援プログラム「巻くだけダイエットMOBILE」と、子どもの予防接種管理サポートプログラム「予防接種スケジューラーアプリ」を提供。月額料金は「巻くだけダイエットMOBILE」が210円、「予防接種スケジューラーアプリ」が無料。「おすすめプログラム」は順次追加する予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング