楽天ソーラー、リチウムイオン蓄電システムの取扱いを開始、新たなエネルギーソリューションを提供

2013.4.4 15:16配信

楽天は、4月3日、太陽光発電システム販売サービス「楽天ソーラー」を通じて、京セラ製リチウムイオン蓄電システムの太陽光発電システムとのセット販売を開始した。

楽天ソーラーは、2012年7月に開始した太陽光発電システム販売サービス。中間事業者を通さずに、楽天が一貫してソーラーパネルを販売することで価格を抑えている。

京セラ製リチウムイオン蓄電システム(7.2kWh)+太陽光発電システム(多結晶)の価格は、294万円から。4月3~30日まで、エントリして購入・設置したユーザーに、楽天スーパーポイントを最大50000ポイント付与する「蓄電地ポイントバックキャンペーン」を実施する。

リチウムイオン蓄電システムは、停電時の備えとして自動的に電力供給を開始し、必要な電力を継続して供給するほか、電気料金の安い深夜電力をためて昼の時間帯に利用することで、家庭の電気料金を抑えることができる。屋根の面積や形状によって、これまで太陽光発電システムを設置できなかった顧客向けの新たなソリューションとなる。太陽光発電システムと組み合わせて使えば、昼間の売電量を増加させることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング