侠客道を貫く男と、男への愛に生きる女。堤真一&宮沢りえが描く男と女の情念の世界

2013.4.5 15:00配信
『今ひとたびの修羅』 撮影 谷古宇正彦 『今ひとたびの修羅』 撮影 谷古宇正彦

4月5日(金)より新国立劇場 中劇場でシス・カンパニー公演『今ひとたびの修羅』が開幕する。尾崎士郎原作『人生劇場』を劇作家・宮本研が戯曲化した本作は、「劇団☆新感線」の人気演出家・いのうえひでのり演出、堤 真一、宮沢りえ、岡本健一、小出恵介、小池栄子、村川絵梨、鈴木浩介、浅野和之ら実力派キャストが揃い注目を集めている。本公演を目前に、いのうえひでのり、堤 真一、宮沢りえからメッセージが寄せられた。

原作は、昭和の銀幕スターたちが演じた任侠映画などでも有名な『人生劇場』だが、この戯曲では、“義理人情”や“男気(おとこぎ)”といった原作の魅力はもちろんのこと、飛車角(堤真一)、おとよ(宮沢りえ)、宮川(岡本健一)、瓢吉(小出恵介)、お袖(小池栄子)らを巡る凄絶な愛の行方、そして、彼らの行く末を案じ、深く静かに見守る吉良常(風間杜夫)らの姿を中心に、愛と人生の修羅を、よりドラマチックに描いている。

・いのうえひでのり
外部演出をやる際の決め手は、演出したくなるほど面白い戯曲かどうか。今回も読んですぐにやりたい!と思ったし、新たな扉が開くような期待感で楽しくなりました。この物語の肝は「強烈な純愛」。どこかファンタジーにも思える昭和初期の人間たちの濃密なドラマを、燃えたぎるような圧倒的な熱量で説得力をもたせようと稽古を重ねてきました。もちろん、男の意地がぶつかり合う「出入り」場面も物語の重要な要素のひとつ。そのスペクタクル感で人間ドラマとのメリハリを出せたと思っています。

・堤 真一
飛車角は、義理と人情を背負った自分の生き方を貫くために、惚れぬいた女にも背を向けようとする無骨で不器用な男。今の時代では珍しいくらいストレートで濃密な男女の情念の話です。演じる上で、ものすごくエネルギーが必要な芝居だと思いますが、久々のいのうえさん演出はもちろん、宮沢りえちゃんや岡本健一くん、風間杜夫先輩をはじめ、素晴らしい顔ぶれのカンパニー揃い!稽古中も、いい緊張感を共有しながら芝居づくりができました。1か月の本番を通して、もっと芝居を深めていけると思っています。

・宮沢りえ
台本を読んだ当初は、ここまでストレートな表現が自分にできるのか戸惑いもありましたが、稽古を重ねて、流れるような「いのうえイズム」満載の演出に身を委ねるうちに、「照れてちゃいけない、思い切りやろう!」と思うようになりました。高い体温や熱量をもって演じています。でも感情い流されすぎず、人の心を打つ表現ができたら、と思っています。男性陣の殺陣には、もう理屈抜きでウットリ(笑い)。観てくださる方も、この世界にどっぷり浸っていただきたいですね。余韻がずっと続く舞台を皆さんにお届けしたいと思っています。

公演は4月5日(金)から4月29日(月・祝)まで。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング