東芝、書店と連携する電子書籍サービス「BookPlace Cloud Innovations」開始

2013.4.5 18:13配信
新ストア「BookPlace Cloud Innovations」のトップページ

東芝は、4月4日、書店などとの連携を通じて、幅広い読者に電子書籍を楽しんでもらう機会を創出する電子書籍サービス「BookPlace Cloud Innovations(ブックプレイス クラウド イノベーション)」を開始した。

オンラインを通じた書籍コンテンツに加え、旭屋書店、ダイレクトショップ、戸田書店、リブロ、有隣堂の五つの書店チェーンを皮切りに、書店、各種小売店舗などと提携。読者が近隣の店舗で電子書籍に触れ、書籍コンテンツを購入できるしくみを構築する。

ダイレクトショップ、戸田書店、リブロの一部店頭では、6型の電子ペーパーを搭載する電子書籍リーダー「BookPlace MONO(ブックプレイス モノ)」で読書が体感できる。また、五つの提携書店チェーンの店頭で「会員登録クーポン」を配布するほか、書店からの案内によって、紙書籍を購入する読者層に電子書籍購入の機会を創出する。

「BookPlace Cloud Innovations」の対応デバイスは、Android搭載のスマートフォンとタブレット端末、iPhone、iPod touch、iPad、iPad mini、BookPlace Mono。5月以降にはPCに対応する予定。無償提供するアプリケーション「BookPlace Reader」をダウンロードすることで、書籍コンテンツが閲覧できる。購入決済方法はクレジットカード。コンテンツは、サービス開始時に、コミック、文芸書などを取り揃え、今年夏には約10万冊に拡大する見込み。4月16日には、BookPlace MONOと書籍コンテンツのセット販売を開始する。

「BookPlace Cloud Innovations」の開始に伴い、BookLiveと協業して運営している「BookPlace powered by BookLive!」の名称を「BookLive! for Toshiba」に変更。「BookPlace powered by BookLive!」の会員は、引き続き「BookLive! for Toshiba」の会員としてBookLiveの提供するコンテンツやサービスを利用できる。これまで購入した書籍、ポイントなども利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング