人工知能接客システムの利用イメージ

SPJは、小売業に特化した高精度な人工知能(AI)接客システムを12月7日に発売する。導入先のニーズにあわせ、対話エンジンのAPIでの提供から、UI・UX設計まで対応する。

小売業の接客でよく用いられている単語、業務、対話内容を調査・分析して優先順位をつけ、対応頻度の高い対話を重点的にAIに学習させることで、小売業務での高精度な対話を実現した。ディープラーニングを使用した高精度対話エンジン、意図判定エンジンの技術を融合し、双方の利点を取り入れることによって精度を飛躍的に向上したほか、来店客との日々の対話を学習できる。

主な対応可能業務は、顧客ニーズのヒアリング、顧客ニーズから統計解析した顧客ごとに最適な商品の提案、受注業務、売れ筋商品の提案、在庫確認、入荷予定確認、セット商品の提案といった業務システムと連携した業務など。日本語だけでなく英語にも対応しており、今後は中国語や韓国語へも対応予定。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます