腕時計部分を取り外して、スマートバンドとしても使用できる「wena wrist active」

ソニーは12月7日、東京・品川の本社で会見を開き、腕時計のバンド部分にさまざまな機能が詰まったスマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」の新モデルとして「wena wrist pro(プロ)」を12月21日から、「wena wrist active(アクティブ)」を3月上旬から発売すると発表した。両製品とも、バンド部のみで販売する。

「wena wrist pro」は腕時計としての高級感を追求しながら、新たに有機ELディスプレイを搭載することで通知活動ログ機能を従来機種より見やすくしたモデル。バンドの幅や厚みを小さくすることで体積を約25%小型化、防水性能は5気圧に向上した。税別価格はシルバーが3万5000円前後、プレミアムブラックが3万7000円前後の見込み。

シリコンラバー素材を採用した「wena wrist active」は、GPSや光学式心拍センサーを搭載し、活動量計としても使用できるモデル。独自設計のエンドピースにより、ヘッド部分は取り外しや付け替えが可能。睡眠やランニング時などにはヘッド部分を外すことで、スマートバンドになる。カラーはブラック。税別価格は3万円前後の見込み。

「wena wrist」シリーズで初めて両製品に適したヘッド部分として機械式の「wena wrist Mechanical head(メカニカルヘッド)」と、ソーラー式の「wena wrist Solar head(ソーラーヘッド)」の2機種も12月21日に発売する。(BCNメディア編成部)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます