ソニーのホームシアターシステム「HT-CT660」、NFC搭載スマートフォンで手軽に音楽再生

2013.4.10 17:28配信
HT-CT660

ソニーは、ホームシアターシステムの新製品として、スマートフォンの音楽を手軽にワイヤレス再生できるワンタッチリスニングに対応し、音楽用スピーカーとしても使用できる「HT-CT660」を、6月1日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

2012年10月に発売したホームシアターシステム「HT-CT260」の上位機。スマートフォンなどとのBluetooth接続に対応し、音楽用スピーカーとしても使用できる。NFC(近距離無線通信)を搭載したスマートフォンなどをかざせば、ペアリング操作を意識することなくBluetooth接続ができる。

スピーカー部には、トゥイーター2基と新設計の中高域用ユニット2基を搭載。ボーカルの伸びやかな高域と臨場感溢れる中域が楽しめる。ワイヤレスサブウーファーは16cmの大型ユニットで、広がりのある低域を再現する。

音楽・映画・ゲームごとに異なる音場を再現するために、9種類のサウンドモードを搭載。「ムービー」モードでは、ブルーレイディスク(BD)やDVDの映画の音場感、「ミュージック」モードでは、コンサートホールの広がりあるホール感を再現する。「ゲーム」モードでは、ソニー・コンピュータエンタテインメントのサウンドデザイナーの意見を反映し、音場を再現した。

豊かなサラウンド再生を実現する独自の高音質技術「S-Force PRO フロントサラウンド 3D」や、音質劣化を最小限に抑え、原音に忠実な再生を実現するフルデジタルアンプ「S-Master」、音量を絞ってもセリフやアナウンスなどの人の声を明瞭に再現する「クリアボイス設計」、深夜など音量を絞った小音量時でも、最適なサラウンドのバランスで楽しめる「ナイトモード」を備える。

HDMI入力端子×3、HDMI出力端子×1を搭載し、最新の映像規格4Kや3Dの映像信号、BDの高音質音声フォーマット「Dolby True HD」「DTS-HD」に対応。ソニーのテレビ「BRAVIA」と連携する「BRAVIAリンク」をはじめ、業界標準規格のHDMI機器制御(CEC)に準拠し、他社製のテレビやBDレコーダーなどとHDMIケーブルで接続することで、テレビのリモコンで連動操作ができる。このほか、光デジタル入力端子×1、アナログ音声(ステレオミニ)入力端子×1を備える。

総合出力は約270W。サイズは、スピーカー(スタンドつき)が幅約1030×高さ109×奥行き94mmで、重さが約3.5kg。サブウーファーが幅約271×高さ404×奥行き271mmで、重さが約8.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング