キヤノン、光学20倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX280 HS」

2013.4.10 19:37配信
PowerShot SX280 HS

キヤノンは、光学20倍ズームレンズを搭載し、60pのフルHD動画撮影に対応するコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX280 HS」を、4月25日に発売する。価格はオープンで、「キヤノンオンラインショップ」での価格は3万2980円。

新映像エンジン「DIGIC 6」を搭載し、動画機能を大幅に向上。60pのフルHD動画に対応し、動きのある被写体の撮影時でも残像感を抑えた滑らかな動画を記録できる。

30pのフルHD動画では、従来の「DIGIC 5」の約9倍の情報量でノイズかディティールかを判断する。ISO1600では、従来機種のISO400相当の低ノイズ化を実現。従来の約4倍となる情報量を生かして、鮮やかではっきりとした高解像度の動画記録ができる。

手ブレ補正は、光学式手ブレ補正と、「DIGIC 6」による電子式補正を組み合わせた5軸手ブレ補正を搭載し、動画撮影時の手ブレを強力に補正している。上下や左右のブレに加えて、歩き撮り時などに発生する回転軸、水平回転軸、縦回転軸のブレや、画像の歪みを大幅に軽減した。

撮像素子はノイズの発生が少ない高感度裏面照射型CMOSセンサ(有効画素数約1210万画素)で、「DIGIC 6」と組み合わせた「HS SYSTEM」によって、静止画の常用ISO感度を従来機種の最高ISO3200からISO6400に向上している。

レンズは、35mmフィルム換算で25~500mm相当の光学20倍ズームレンズを搭載。2枚の両面非球面レンズやUDレンズを採用することで、ズーム全域で収差を補正する。また、デジタルズームの進化版「プログレッシブファインズーム」は、画像処理の進化や倍率に応じた最適な設定によって、光学ズームの望遠側最大値の2倍、約40倍までのデジタルズームでも高い解像感を保つ。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載。通信した直近3件の履歴を記録することで、スマートフォンやSNSなどへすばやく画像や映像を送ることができる。カメラから直接写真の投稿ができ、FacebookやYouTube、Twitterなどでは文字入力もできる。また、キヤノンの会員制オンラインフォトサービス「CANON iMAGE GATEWAY」経由でPCに画像を転送する「サーバー経由転送」による画像の共有も可能。

GPSを搭載し、撮影した画像のExif情報から撮影地点の位置情報(緯度/経度/標高/UTC時間)を自動的に記録する。GPSアシストデータは無線LAN経由で直接取得するので、位置情報の測位時間が大幅に短くなった。

ムービー関連では、静止画とその直前の動画を最大4秒まで記録して、1日に撮った動画を一つのファイルに保存する「プラスムービーオート」機能を搭載。作成した動画は無線LANでスマートフォンやSNSにアップロードできる。無線LANでの送信は、ファイルサイズを約10分の1に縮小するトランスコードに対応する。

このほか、24種類のシーンを自動判別する「こだわりオート」や、撮影状況に応じて最適な手ブレ補正を行う「マルチシーンIS」などを備える。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅106.4×高さ62.8×奥行き32.6mmで、重さは約233g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング