デロンギはイタリアの家電メーカー。
日本では今は各種のコーヒーマシンが有名ですね。

オイルヒーター、コーヒーマシンの分野では世界的にも有名なこのブランドですが、
この4月からキッチン家電の分野にも進出!
その実演会をレポートします。

今回発表になったのは3種。
・ミニフードプロセッサー
・ミニコンベクションオーブン
・パワーブレンダー
(ブレンダー:食材を砕き混ぜ合わせるキッチン家電)
ミニ…とついていますが、イタリアンサイズから見ての「ミニ」なのか、
日本の狭いキッチンにも置けるサイズながら、実際は十分な大きさ。

そして実際に使ってみてわかったのが
ミニといいながらも
実力はイタリア人もびっくり!というほど
本格的だということ。
 

当日は懐かしの歌唱ユニット「ヒデとロザンナ」の
ロザンナさんがゲストで登場(平成生まれは知ってるかな?)。

娘さんは女性誌で活躍中のモデル、マリオンさん。
いろいろとイタリアンなコメントを入れてくれました。

 

●ミニフードプロセッサー
フードプロセッサーは上下2枚ずつずれた
4枚の刃。だからお肉かたまりをミンチにするのも簡単に。

 

さっそく角切り肉を入れてみましょう。
「イタリアのソーセージは粗挽きのお肉使うことが多いけれど、日本のひき肉はなめらかすぎるのね。これなら好みのあらさにできそう」とロザンナさん。

 

押しボタンは大きめのレバー。
手が汚れていても、手の甲なんかで押せるのです。

 

さらに裏には吸盤付き。機械が激しく動いても安心。
こういうの大事!

 

10秒も押せば、もう出来上がり。
これ以上押すと、
お肉がなめらかとろとろになっちゃう…
というくらいのパワーなのです。

買ってきたひき肉は空気に触れることで
表面が酸化することが多いといいます。
挽きたてお肉なら、新鮮というのもいいところ。

 
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます