3. 大ゲンカして別れた元カノです

「大ゲンカして別れた元カノがいます。別れたのは、かれこれ3年前ですかね。

僕は普段、あまり感情を表に出さないタイプなのですが、その時のケンカでは本気でぶつかり合いました。

怒鳴ったりもしたし、罵倒もしたり。

結局、何時間にも及ぶ言い合いの末に、別れたんですけど、今でもたまに思い出すんですよね。

あそこまで感情をぶつけ合える女ってなかなか出会えないから、ひょっとして運命の相手だったのかな?とか思うこともあります。

そのあとの恋愛が、ことごとく短く終わっているからですかね?」(32歳・公務員)

他の恋愛と異なる強烈な思い出があると、忘れられない女になりやすいかもしれません。

4. 4年付き合った元カノです

「4年間付き合った元カノのことは、今でもたまに思い出します。

特別な事件があって別れたわけではなく、マンネリが悪化して、なんとなく別れた相手です。

それから彼女をつくっていないので、クリスマスとか自分の誕生日とかのイベントの日には、必ずその元カノを思い出しちゃっています。

ヨリを戻せるなら戻したいけど、彼女は今、新しい恋人がいるみたいです」(33歳・営業)

5. 激しい性格だった片思いの相手です

「僕が5年間片思いしていた女の子は、周りがびっくりするくらい感情の起伏が激しい子でした。

でも、僕はそこがなんだか放っておけなくて。

僕が付き合えば、どうにかしてあげられる自信もあったんですけど、3回告白して、毎回見事にフラれました。

今は別の女性と付き合っていますが、あの頃の僕の片思いの甘酸っぱい思い出(笑)とともに、その子のことはたまに思い出します。

今、どうしているかなぁ」(34歳・飲食)

男性たちに話を聞いてみると、みんなそれなりに“忘れられない女”がいました。

誰もが認める「いい女」だから忘れられないということでもなく、それぞれの男性にとって良くも悪くも記憶に残っている女が、“忘れられない女”になっているみたいです。

あなたも、自分では知らないうちに、誰かの忘れられない女になっているかもしれませんよ。

「グルメや旅のライティングのほか、人間観察も得意。生活に密着したテーマの取材を重ねる。旅先で過ごす時間と温泉に浸かっているときが幸せ。結婚願望がなかったのに結婚してしまい、後悔しつつ毎日を楽しんでいる。」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます