宮本亜門「見所は首切りでしょ! 違った!耳切りだ(笑)」、山本裕典主演舞台『耳なし芳一』

2013.4.17 18:55配信
舞台『耳なし芳一』公開稽古より 撮影:阿部章仁 舞台『耳なし芳一』公開稽古より 撮影:阿部章仁

山本裕典主演、宮本亜門演出の舞台『耳なし芳一』がKAAT 神奈川芸術劇場で上演中だ。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『耳なし芳一のはなし』を原作に、平家物語弾き語りの名手、盲目の琵琶法師・芳一の運命を描く舞台。開幕直前の4月11日、宮本と山本に加え、出演の安倍なつみ、益岡徹によって行われた会見を、以下レポートする。

舞台『耳なし芳一』チケット情報

舞台の見所は?
宮本「『耳なし芳一』の見所と言えば…首切りでしょ!」
キャスト一同「え!? 」
宮本「あ、違った!耳切りだ(笑)。あとはやはり、芳一が体にお経を書く場面でしょうかね。今回の舞台では、原作者の小泉八雲も登場しますし、安倍さん演じる亡霊とか、本来目に見えないものが舞台に立ちます。そういったものをあえて登場させ、共に生きているという事が伝わればと思います」

山本さんを選ばれた理由は?
宮本「役者として面白いと思ったんです。稽古に対しては非常に誠実ですしね。 今回の舞台では、彼の従来の明るさ元気さではなく、ぐーっと入る役をどう演じるのか見てみたかったんです」

劇中で琵琶を弾かれるということですが、大変でしたか?
山本「琵琶を弾くのは初めてで、稽古に入る前から琵琶の練習は始めていたのですが、なかなか琵琶の先生とスケジュールも合わず…。一時はどうなることかと思ったのですが、初日まであと2日あるので、それまでにはなんとか皆さんにお見せできるものになると思います。今回弾く琵琶は、音楽性というよりは運動神経を必要とする楽器だそうで、僕、運動得意なので、それにいっぱい助けられてます(笑)」

今回は裸も披露されるとか…?
山本「会見の時に、裸体にお経を書くシーンがあるので、体鍛えますと言ったのですが、よくよく考えたら、マッチョな芳一ってちょっと変じゃないかなと思いまして…。ですので、特別なことをせず、己のままでいようと思います」

初めての人形の操作はいかがですか?(安倍は安徳天皇の姿をパペットで表現する)
安倍「すべてが難しいです。稽古の時よりもとても重くなって、見た目よりもとても重いんですよ。人形の軸になる部分をやっているのですが、人形に命を吹き込むのがとても難しいです。皆さんに助けられてやっています」
宮本「安倍さんに黒子をやらせるって僕ぐらいしかいないよね(笑)」

初めての亜門さんの演出はいかがですか?
山本「恐いかな、僕で大丈夫かなと思っていましたが、亜門さんがコミュニケーションを取ってくれて、悩んだ事を汲み取って演出して頂けるので助かります。粘り強くて、次々と演出が変わっていくので、本番を通してもっと成長出来るかなと思います」

公演は4月21日(日)まで。なお、公演のチケットは4月18日(木)23:59まで発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング