誰しもが「後悔のない結婚をしたい」と思うもの――。それこそ、早くに結婚した友達の話を聞くと、「もっと遅く結婚すればよかった……」など、結婚に対する後悔を耳にしたことのある人もいるのでは。

結婚というと幸せのイメージが付きまといますが、幸せムードのなかでも冷静に結婚について考える必要があるのかもしれません。

今回は、結婚後の後悔を避けるために、交際中に意識したいことをまとめてみました。

結婚相手のことをよく理解する

「結婚する相手をちゃんと見極めなきゃいけない」と、結婚時に親から口が酸っぱくなるほど言われた女性も多いでしょう。下手したら親よりも友達よりも、長く一緒になるかもしれない人生のパートナーです。

相手がどんな性格でどんな価値観を持っていて、どういう人なのかは、結婚する相手ともなれば否が応でも気になりますよね。

ポイントとしては、本音が言える相手かどうか。一緒にいて気を遣わず、楽な相手かどうか。尊敬できる相手かどうか。こうした要件を満たしている相手なら、結婚後も後悔は少ないと思います。

相手のことを知るためには、やはり話すしかないのかもしれません。デートを重ねながら、LINEでメッセージや通話をしながら、相手と関わっていくうちに、少しずつ相手のことがわかってくるはず。

相手が「こういう人なのかもしれない」とわかり、相手と過ごす時間が楽しく、居心地がいいのなら、時間をかけて相手との結婚を考えるといいのでは?

結婚後の生活イメージを明確にしておく

女性は結婚すると、仕事を辞める人も多いため、環境がガラリと変わりやすいですよね。相手の家の近くに住むのか。仕事はどうするのか。結婚した後の生活はどうするのか。

前もって彼とよく話し合って、イメージと違うなんてことにならないよう、確認をしておきたいですね。

また結婚してしばらくすれば、子どもも産まれるでしょう。そうなると、特に女性は育児に追われることになるので、彼との二人三脚がさらに求められるはず。子どもは何人欲しいのか、いつぐらいまでに欲しいのか――。

特に女性にとって子どもを持つことは、ライフスタイルが大きく変わることなので、ぜひパートナーとしっかりと話し合いが持てるといいですね。

他にも、結婚は家同士の問題と言われることがあります。当人同士の気持ちあってのものとはいえ、結婚すると相手の家と親戚になるわけです。

相手の親御さんはどんな人か、お互いの家はどんな状況か、自分がどういう結婚をしたいと思っているのかと合わせて、確認しておく必要がありますね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます