【ダイエット】"酵素"が減ると太りやすい体質に! 食べて痩せる・簡単「酵素レシピ」4選

2013.4.24 17:30

消化を助けたり免疫力を上げたりなど、さまざまな働きを持つ「酵素」。今回は、私たちにとって欠かせない「酵素」をとるための5つのポイントを、『超カンタン!<体型別>体質改善 酵素ダイエットプログラム』の著者・松崎みささんに伺いました。

 

『超カンタン! 体型別 体質改善 酵素ダイエットプログラム』
松崎 みさ(著)、鶴見 隆史(監修)
Amazonで購入

近年よく耳にするようになった「酵素」。消化酵素とか代謝酵素など聞いたことはあっても、イマイチよく分からないという人も少なくないのでは。消化酵素には消化を助け、不要なものを排出する働き、また代謝酵素には代謝をアップさせ、細胞の再生を促して、免疫力を上げる働きがあります。

このように酵素は私たちにとって欠かせないものですが、体内にある酵素は年々減り続け、酵素を作り出すパフォーマンスも落ちていく一方なのだとか。そのため、外から積極的に酵素をとらない限り、食べたものが消化されにくくなり、代謝も下がる上、太りやすくなってしまうのです。これは恐ろしい……。
 

 

酵素をとるための5つのポイント

では、どうすれば酵素を効果的に取り入れられるのでしょうか。
『超カンタン!<体型別>体質改善 酵素ダイエットプログラム』の著者・松崎みささんに話を聞いてみました。
 

収録レシピのひとつ「アボカドときゅうりのタルタル」のように“生”の食材を使うのがコツ

1、生で食べる(48℃以下)
「酵素は野菜やフルーツ、肉や魚など、生の食材に含まれています。しかし、ほとんどの酵素は48℃以上に加熱すると死んでしまいます」(松崎さん)。基本は「生のまま食べること」を意識して。

2、すりおろすと酵素は活性化する
「酵素はすりおろすことで、細胞膜が壊されると、細胞内にある酵素も活発に働くようになり、酵素量が倍増します」(松崎さん)。その点でミキサーで撹拌するスムージーは、とてもおすすめなのだとか。

3、調理後はすぐ食べる
「切ったりすりおろしたりした時点で、食材の酸化は始まります。調理したらできるだけ早く食事するようにしてください」(松崎さん)。調理後、新鮮なうちにいただくことを意識して。

4、酢で消化を助ける
「酢には胃液の分泌を促進する働きがあり、消化酵素の働きを活発にしてくれます」(松崎さん)。いろんな健康パワーを持つ酢ですが、消化を助ける力もとても大きいです。

5、生のものから先に食べる
「生のもの、つまり酵素を最初に胃の中へ入れると、酵素の効果が十分に発揮されます」(松崎さん)。先に加熱調理したものを食べると、加熱食を消化すべく、身体から消化酵素が出てしまい、後から入った生の酵素はあまり効果を発揮できなくなります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング