菅野美穂、結婚後初の公の場「奇跡的な夫婦。こんな夫婦になれたら」

2013.4.22 18:6配信
『奇跡のリンゴ』に出演した菅野美穂

女優の菅野美穂が22日に都内で行われた出演作『奇跡のリンゴ』の完成報告会見に、夫役で共演した阿部サダヲ、山崎努、音楽を手掛ける久石譲、メガホンを執った中村義洋監督らと共に出席した。俳優・堺雅人との結婚を発表し、今月2日に婚姻届を提出して以来、公の場に登場するのは初めて。本作で苦境のなか、夫を支える妻を演じ「本当に奇跡的な夫婦。こんな夫婦になれたらいいなと思います」と満面の笑みを浮かべた。

その他の画像

日本最大のリンゴ生産地・青森を舞台に、それまで絶対に不可能だといわれていた“りんごの無農薬栽培“に挑戦した木村秋則氏の実話を映画化。阿部が木村さんを、菅野が農薬に体を蝕まれながら夫と共に無農薬栽培に挑む妻・美栄子さんを演じる。私財を投げうち、11年もの歳月をかけて信念を貫くひとりの男の姿が胸をうつ感動作だ。「木村さんが頑張る姿が、広い意味で東北の皆さんへのエールになれば」(菅野)。

主演を務める阿部も、菅野と同じく「夫婦として奇跡みたいな存在。理解できないくらいの純愛ですね」と木村さん夫婦に感動した様子。「木村さんに似せるために、歯を抜こうかなと思いましたが、歯は大切ですし…」と笑いを交えながら、「木村さんは辛いことは話されない方。笑顔でいないときに、どんな表情なのか想像した」と役作りを述懐。「自分が出ている映画で、自然と泣いていたのは初めて」と手応えを示すと、菅野も「阿部さんの見たことない表情にびっくり。たまげました」とたたえていた。

中村監督は「木村さんの人生が本当に壮絶で、ふつうの障害なんかに負けていられないな、と。撮影も編集もいつも以上に、やれることをやろうと頑張った。精根尽き果てましたね」と完全燃焼。阿部&菅野とは初仕事で「以前からご一緒したかった。いい夫婦に見えますね」と太鼓判を押す。木村さんの義父を演じる山崎は「映画を見て、今辛い思いをしている人にちょっとでも元気になってもらえれば」とアピール。久石も「この時代に、この映画ができたのはいいこと」を本作の意義を強調していた。

『奇跡のリンゴ』
6月8日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング