新たなアクション・ヒーローが誕生。『エンド・オブ・ホワイトハウス』新予告公開

2013.4.24 10:49配信
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (C)2013 Olympus Productions.Inc

『300 スリーハンドレッド』のジェラルド・バトラーが主演を務める『エンド・オブ・ホワイトハウス』の最新予告編映像が公開になった。アジア人テロリストに襲撃され、“陥落”した米国ホワイトハウスにたったひとりで乗り込んだ男バニングの活躍を描くアクション大作だ。

最新予告編映像

このほど公開された予告編は、“鉄壁の要塞”として知られるホワイトハウスがアジア人テロリスト集団の攻撃を受けて陥落する衝撃的な映像から始まる。彼らは大統領(アーロン・エッカート)を人質にとり、迷路のようなホワイトハウスに立てこもる。核さえも手中に収めようとしているテロリストに立ち向かう唯一の手段がホワイトハウスの潜入に成功した男マイク・バニング(バトラー)だ。彼はかつて統領専任のシークレット・サービスだったが、2年前に大統領の妻の命を守りきることができずに職を辞していた。

予告編映像は、バニングが、大統領権限を与えられた下院議長(モーガン・フリーマン)と無線で連絡を取りながら孤独な救出作戦を遂行する様を描いていく。これまで様々なアクション・ヒーローが映画の中でテロリストと対峙してきたが、バトラー演じるバニングも映画ファンの支持を集めそうなキャラクターだ。タフで、特殊部隊に所属していた経験を活かしてテロリストを容赦なく仕留めていく強さを備え、権威に屈しない男だが、友人でもある大統領の妻を守れなかったことを悔いており、妻や大統領の幼い息子の前では穏やかな優しさを見せる。殺人マシーンでも、無敵のヒーローでもないバニングが難攻不落のホワイトハウスでどのようにテロリストと戦うのか気になるところだ。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』
6月8日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング