市川猿之助が京都・春秋座の芸術監督に就任。「有名人をいっぱい呼びたい」と意欲

2013.4.24 12:00配信
京都芸術劇場・春秋座の芸術監督に就任する市川猿之助 京都芸術劇場・春秋座の芸術監督に就任する市川猿之助

京都造形芸術大は4月23日に都内で会見を開き、歌舞伎俳優の市川猿之助が5月1日(水)付で同大学内にある京都芸術劇場・春秋座の芸術監督に就任すると発表した。

朗読劇「お文の影・野槌の墓」 チケット情報

春秋座は三代目市川猿之助(現:猿翁)が設計監修し、自身の理想の劇場として2001年5月に日本で初めての大学内本格劇場としてオープン、猿翁は初代芸術監督も務めている。

猿翁から芸術監督を引き継ぐことになった猿之助は「猿翁の伯父からの“たってのお願い”ですから断るわけにはいかないので引き受けました。もうひとつ、『亀治郎の会』の第1回目を春秋座でやらせていただきましたが、その後(この会の)東京での人気がすごくなったので、最後の会である第10回も東京でしかやっていません。なので、オープン以来お世話になった春秋座に対する後ろめたさがありまして、それも引き受けた理由ですね」と語った。

春秋座でどんなことをやっていきたいかと聞かれた猿之助は「劇場を作った猿翁さんには敵いませんから。僕は、有名人を知っているという人間関係のコネを使って、そういう方々をいっぱい呼ぼうと思っています。ここに劇場があるんだぞということを知らせるためにはそれが一番じゃないですか」と話し、「歌舞伎は南座(京都)でやればいい。廻り舞台やセリ、花道といった歌舞伎の機構がある春秋座であえて現代劇をやってみたい。例えばコンサートをやるとかね」と将来の展望を述べた。

芸術監督として本格的なプログラム展開は2014年度以降になるということだが、5月に芸術監督就任記念公演として、佐々木蔵之介が主宰するTeam申番外公演Ⅲ~今、僕らが出来ること~朗読劇『お文の影・野槌の墓』(原作:宮部みゆき「ばんば憑き」より)を佐々木、猿之助、そして佐藤隆太の3人の出演で上演する。

公演は5月3日(金・祝)に同劇場で上演後、5月4日(土・祝)から5日(日・祝) に大阪・森ノ宮ピロティホール、5月8日(水)から9日(木)に東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて開催される。なおチケットは、京都公演は完売、それ以外は発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング