バーグハンバーグバーグ通信

"デキる"社会人しか知らない「忙しそうなフリの仕方」

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第16回。いくら馬車馬のように働いていても、忙しさをうまくアピールできなければ「あいつはそこまで働いていない」と低い評価を下されかねません。そこで今回は、要領のいい社会人だけが隠し持っている「あいつ忙しそうだな」と思わせる6つのスキルを公開します。

いくら働いてもなかなか評価されないことってありませんか? あるいは自分より手を抜いている同僚の方が認められたりして、悔しい思いをしたことことがある方はいませんか? 実は社会人の評価はどれだけ働いたかではなく「どれだけ忙しそうに過ごしていたか」で決まるのです。

いくら馬車馬のように働いていても、忙しさをうまくアピールできなければ「あいつはそこまで働いていない」と低い評価を下されかねません。そこで今回は、要領のいい社会人だけが隠し持っている「あいつ忙しそうだな」と思わせる6つのスキルを特別に公開します。どうぞ、すべて憶えてあなたのビジネスライフに活かしてください。

 

 

 

 

1.卵を守る

何もすることがないときはとりあえず何かの卵を守りましょう。それだけでなんとなく忙しそうに見えます。仕事がひと段落したものの、これ以上仕事を増やされたくない場合やとにかく仕事をしたくない日の時間稼ぎにうってつけです。

 

 

 

 

2.無駄に残像を出す

仕事がトロいと思われがちな人はこのように残像を出してみましょう。いかに緩慢な動作であろうと他人の何倍速で働いているように見え、上司の評価がアップすること間違いなし。ただし、出した残像はしまい忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

3.スープの火加減も気にする

いかなる時も煮込み中のスープの火加減のことを頭の片隅に入れておくのが一流の社会人の鉄則です。たとえ大事な会議が白熱していても、そのせいでスープがグラグラ煮立ち、玉ねぎが跡形もなく溶けてしまっては元も子もありません。火が強すぎず弱すぎないことを随時確認するようにしましょう。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント