坂本昌行、G2の新作ミュージカルで御曹司役に。「僕とは似ても似つかない」

2013.4.24 19:50配信
左から、鈴木綜馬、戸田恵子、新妻聖子 左から、鈴木綜馬、戸田恵子、新妻聖子

V6の坂本昌行が主演するミュージカル『シルバースプーンに映る月』製作発表会見が4月23日、都内で行われ、坂本と共演の戸田恵子、新妻聖子、鈴木綜馬、作・演出のG2が顔を揃えた。

舞台『シルバースプーンに映る月』チケット情報

モダンな洋館を舞台に、大企業の御曹司と、会社経営を任されている義理の兄、屋敷のメイド、突然屋敷を訪れたメイドの娘の4人が織り成すハートウォーミングなミュージカル・コメディ。「構想2年」と話すG2は、4人のメインキャストのスケジュールが合う機会をうかがっていたという。「洋館にはどうやら幽霊が出るらしい。人生の曲がり角、ある決着をそろそろつけなければならない4人が奇しくも集まって、お互いが影響しあいながら、幽霊の噂を解き明かしていく」話になると語り、「4人の実力を十分に発揮していただけるような作品を目指す」と意気込んだ。

坂本は「僕とは似ても似つかない、毎日毎日お酒を飲んで、朝帰りをしている御曹司役。僕は下町生まれなので役とはかけ離れている。役作りどうすればいいでしょうかね」と苦笑い。対してG2は「毎日僕と飲んだくれることです」と笑った。そんな演出家G2とは舞台『アリバイのない天使』以来3年ぶりのタッグ。「G2さんの作品は緻密に計算されていて、だけど見終わったあと、すごく心が温まる。今回まさかミュージカルを書いていただけるとは思ってなかったので、今から楽しみ」と舞台に期待を寄せた。

メイド役の戸田は「お仕えする役は日頃あまりないので十分にお仕えしてみせようと思います(笑)。舞台では初めてご一緒する方もいらっしゃるので楽しみ」と舞台への期待を熱く語った。新妻は「戸田さん演じるメイドさんの隠し子という、スリリングな設定を与えていただきました。冒頭から坂本さん演じるお坊ちゃまに、手のひらの上でコロコロころがされるようなピュアな子なので、真っ白な気持ちを取り戻して頑張りたいと思います」と話した。「自分は4人の中で一番常識人なのでは」と鈴木が発言すると、G2が「そう思っているのは本人だけ。え、役の話? それでしたら、後半は綜馬さん的なエレガントなのにキュートなところが出てきます」と応え、鈴木は「キューティーな男を目指して頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

公演は、6月14日(金)から30日(日)まで東京グローブ座、7月3日(水)から6日(土)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて。チケットの一般発売は4月27日(土)午前10時より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング