『HK 変態仮面』ヒット! 鈴木亮平が続編に意欲ギラギラ!

2013.4.26 13:34配信
舞台あいさつの様子

カルト的人気を誇るコミックを実写映画化した『HK 変態仮面』のヒット御礼舞台あいさつが25日、東京・新宿バルト9で行われ、主演を務めた鈴木亮平をはじめ、ヒロイン役の清水富美加、福田雄一監督、原作者のあんど慶周氏が登壇。観客全員が特製パンティを被って、登壇者を出迎えるというサプライズに「圧巻ですね」(鈴木)、「公開初日にやらないで、なぜ今頃…」(福田監督)と驚きの声をあげていた。

その他の写真

映画は女性用パンティを被り、人間の潜在能力を100パーセント完全開花させる“変態仮面”の活躍を描くヒーローアクション。6日から始まった新宿バルト9での先行上映を皮切りに、全国各地でヒットを記録しており、鈴木本人も「おととい、この映画館に観に来たんですよ。平日のお昼なのに、たくさんのお客さんが来てくださった」と“旋風”を実感した様子。「僕らが吐く思いで作った作品。これで終わらせる気は毛頭ありません」と続編への意欲をみなぎらせた。

変態仮面を演じた鈴木は、本作のために約1年間かけて肉体改造を行い、「シーンによってはスタントマンを使うつもりだったが、亮平と同じ体をしたスタントマンがいなかった」(福田監督)。原作者のあんど氏も「もう、(原作)そのまんまですよね!」と鈴木の役作りに脱帽しきりで、会場は拍手喝采だった。

それでも“ほぼ全裸”なコスチュームを着てのアクションには悪戦苦闘したといい「見えてしまった局部をCG処理で消すことが多かった」(福田監督)、「(清水が演じる)愛子ちゃん側からは、見えていたかも…」(鈴木)、「見えていましたね。最初は目のやり場に困りました」(清水)と爆笑トークも。観客との写真撮影では、鈴木自ら決めポーズをレクチャーし、「まあ、世界で一番パンティを被るのがうまいのは僕ですけど」と余裕の表情を見せていた。

『HK/変態仮面』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング