4年に一度開催される日本最大級の食のイベント「食博覧会」。今回もインテックス大阪に国内外から様々なグルメが集結します。今回は大阪ガスブースの「食のドリームキングダム」のイベント「キャプテン・トレビアンの海賊レストラン」と「最高の晩餐」に潜入。さて、どんな美食が登場するのでしょうか…!?

 

直径2m30cmの大鍋に、野菜や肉、魚介など約30種類の具材を投入。仕上げにスープを入れてグツグツ煮込みます。煮込んでいる間は海賊たちがパフォーマンスを披露 。
拡大画像表示

「キャプテン・トレビアンの海賊レストラン」は、海の男たちが愛した料理を調理し、会場にふるまうイベント。今回のメニューは「海賊たちの冒険スープ」。担当は辻調グループの城塚良彦先生です。さっそく登場したのは、直径2m30cmもある大鍋とガスコンロ。ガスを点火し、オリーブオイルを鍋にひいた後、キノコや野菜、鶏肉やソーセージを入れます。今回作る量は何と1000人分! 次々と具材が鍋に投入される光景はダイナミック! カレー粉で味付けをした後、角切りのトマト、チキンブイヨン、水を加えて一気に強火で煮込みます。海賊がパフォーマンスを行う間もエビやイカなどの魚介が投入され、うま味も倍増! ステージから漂う匂いが食欲をそそります。
 

出来上がったスープは小椀に入れて提供。スープが染み込んだクルトンも美味でした
拡大画像表示

パフォーマンス終了後、クルトンとオリーブオイル、バジルを入れて完成。具材のエキスたっぷりのスープにカレーのスパイシーな辛みが後から広がり、クセになる美味しさ。柔らかな食感もガスの火力ならでは。あっという間に食べてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます