"生"で会いたい旬なイケメンたちが大集合!『ナマメン』エンタメ情報まとめ

レアなプライベートエピソードも! 「CNBLUE」日本ファンミーティング・ロングレポ

CNBLUEがファンクラブ限定のファンミーティングを開催! 今回は東京・昼公演の模様を速報レポートします。普段のライブでは見られない貴重な素顔が満載です!

2013年初シングルにして、メジャー5thシングル『Blind Love』を4月24日にリリースしたCNBLUEが、昨年12月に開催されたイベント『FamilyMart presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』以来となる日本のステージへ登場! ライブはもちろん、普段はなかなか目にすることができないメンバーの素顔にも近づけた、オフィシャルファンクラブ『BOICE JAPAN』会員対象にしたファンミーティング・東京昼公演の模様をレポートしよう。

前述の『MUSIC FOR~』からさらにさかのぼると、彼らが単独で日本でパフォーマンスを見せるのは、昨年10月のアリーナツアー『CNBLUE Arena Tour 2012~Come On!!!~』以来本当に久しぶり。会場の東京国際フォーラムを埋め尽くした、メンバーを待ち焦がれる日本のファンの大歓声に迎えられた中で、まずはリリースされたばかりのシングル『Blind Love』を披露だ。

「聴く人によって、曲って変わると思います。だから、皆さんのその時々の状況に合わせて聴いて欲しいですね。もちろん僕も作りながらそう思ったんですけど、“これは皆さん、絶対好きだろう!”って(笑)。だから、ラブソングになったんだと思います。ラブソングって、誰にでも(そういう経験が)あるじゃないですか。みんなが理解できるような、そういう曲が作りたかったんですよね」(ジョンヒョン)

ライブ後のトーク・セッションでこの曲が生まれた背景をそう語ったジョンヒョンのコメント通り、この『Blind Love』は、誰にでもきっとこういう経験があるからこそ共感できるに違いない物語を描くラブソング。<どんなに離れても いつでも愛してる……>。切なく、かつ情熱的なメロディをジョンヒョンからヨンファへと歌い継ぎ、ジョンシンとミンヒョクもそれを自身の演奏とコーラスで支えていく。4人の厚いバンド・アンサンブルと美しい歌声のハーモニーが融合する、日本でのこれまでのシングルのリード曲では見せてこなかったバラード・ナンバーというCNBLUEの新たな一面に、日本のファンはさらなる大歓声をメンバーへ贈る。

「東京のファンミーティング、本当に嬉しいですね。たくさん来てくれてありがとうございます」(ヨンファ)
「今日は、スペシャルな日ですから……」(ジョンシン)
「そうですね。皆さんからの“韓国の曲をたくさん聴きたい!”という意見を読みました。一緒に歌いましょう」(ヨンファ)

インターネット経由で寄せられた、日本中のファンからのリクエストに応えて、韓国語で歌う『直感』もこの日は披露。その韓国語の歌詞をメンバーとファンがかけ合いして一体感がさらに大きくなる中、ヨンファとジョンシンの客席に向けた手招きを合図に『Coffee Shop』が続き、グルーヴィーかつぶ厚いバンドサウンドで会場のテンションを熱く煽っていく。

人気記事ランキング