【恋愛】「街コン」プロデューサーが伝授! 街コンで実践してほしい必勝モテテクニック集

年間1000件以上の「街コン」をプロデュース・運営している「隆ちゃん先生」こと大木隆太郎プロデューサーに、街コンでぜひ実践してほしい「モテテクニック集」を聞きました!

街コンではスタッフに案内されるがまま席に着いていませんか? 
ま、まさか話題が見つからないからと黙々と料理を食べたり、一人でドリンクをおかわりしに行ったりしていませんよね?

そんな人こそ要必見! 
年間1000件以上の「街コン」をプロデュース・運営している「隆ちゃん先生」こと大木隆太郎プロデューサーが街コンを倍楽しむ方法を伝授します!!

 

移動中に声をかける!

「街コンで一番簡単なきっかけを作る方法は、移動中に声をかけることです」

街コンでは一店舗目は指定された飲食店に入ることになりますが、二店舗目からは自分たちでお店を選択できる制度を取っている場合がほとんど……パートナーである友人と次に向かうお店を決めることになります。
隆ちゃん先生いわく、次のお店に向かう移動中に異性に声をかけるのがポイント。

「街コン開始前にどんな飲食店があるかリサーチしておくんです。そして道行く好みの異性に声をかけ、“次に行くお店決まってる?” “何が食べたい? 何が好きなの?”と尋ねれば絶対に答えてくれます。相手の返答次第で、“じゃあこのお店美味しいから一緒に行こうよ!”とアプローチすれば好みの異性と同じテープルに座れます」

実はこの方法で断られることはまずないのだとか……。稀に“好きな物は特にない!”と返答される場合もあるようですが、それは一緒に行く意思がないと受け止め、気持ちを切り替え同じ方法で次の異性に声をかければいいのです。
 

気になる子とは一緒に料理を取りに行く!

「いいな! と思う異性と出会えたときは、名指しで“一緒に料理(飲み物)を取りに行きませんか?”と声をかけましょう」

なるほど! 気になる異性ができたら、個人戦に持っていった方が自分の良さもアピールしやすくなるもの。それは名案かもしれません。

「その時に、“今度一緒に食事に行きませんか?”とデートに誘ってください。パートナーが一緒にいる時に、“今度一緒に遊ぼうよ!”と言えば、“四人で遊ぼう”という意味合いで受け取られます。ターゲットを見つけたら二人きりの状況を作ると、次の展開に持っていきやすくなるのです」

空いたグラスを見て、“何か飲み物取ってこようか?”と気を利かせることも大切ですが、二人きりになれるチャンスを作りましょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング