"いつやるか? 今でしょ!"の林修先生が伝授! 「仕事で成果を上げる思考法」

2013.5.10 10:30

 「いつやるか? 今でしょ!」のフレーズで大ブレイクした、東進ハイスクールの講師・林修先生。テレビ、ラジオなど数々のメディアに出演し、4月には『今やる人になる40の習慣』を刊行するなど、多岐にわたって活躍中だ。そんな林先生が、仕事で成果をあげるための思考法を伝授する。

「いつやるか? 今でしょ!」のフレーズで大ブレイクした、東進ハイスクールの講師・林修先生
テレビ、ラジオなど数々のメディアに出演し、今月には『今やる人になる40の習慣』(宝島社)を刊行するなど、多岐にわたって活躍中だ。そんな林先生が、仕事で成果をあげるための思考法を伝授する。
 

トップを目指すため、勝てる場所で戦うことを選んだ

『いつやるか? 今でしょ!』
林 修(著)  Amazonで購入

――「東大法学部を卒業後、長銀に就職するも半年で退社」「投資やギャンブルで1800万もの借金を負う」など、波瀾万丈な半生も注目を集めていますね。どうして予備校講師に?

学生時代から幾度となく家庭教師をしていて、教えることには自信があったんです。長銀を辞めて定職についていない時期に知人からの誘いを受け、予備校講師の道へ進むことになりました。

自分が受験生のころ、最も成績がよかったのは数学です。ただ、僕は法学部卒の文系。大学で専門的に学んだ相手と戦ったら、講師として勝てないと思ったんです。他の科目も検討する過程で、目に止まったのが現代文。「この場所なら、勝てるんじゃないか」と考えながら、東大時代に出会った村上陽一郎先生のことを思い出していました。

今でも尊敬している村上先生は日本を代表する科学史の研究者で、非常に頭の切れる、優秀な方。普通そういう人は、いわゆる"花形"と呼ばれる分野を選ぶことが多いんですが、村上先生の専攻である科学史は、学問としてはむしろマイナー。村上先生ほどの方であれば、トップレベルになるのは当然です。ご本人は純粋な気持ちで科学史を専攻されたのかもしれないけれど、僕は当時「自分の勝てる場所で戦う生き方は強いな」と感じていたんです。

結果的に、僕も村上先生のような選択をしたのだと思います。教える上で苦労したことはなく、ずっと順調ですね。もし、別の道を選んでいたら、こんな状況にはならなかったんじゃないかな。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング