気になる彼がいるなら、デートしないと恋は始まりません。いくらLINEのやりとりで盛り上がっても、オンラインの中だけで恋が走り出すことはないのです。

でも、彼が一向に誘ってくれない。誘ってくれる気配もナシ。そんなときは自ら誘いましょう。ただひたすら受け身でいるのは時間のムダ。

今回は、気になる彼をデートに誘い、OKをもらう方法を20〜30代女性にリサーチ。うまくデートに持っていくには、誘い方に戦略がありました。

グルメ話で盛り上がってその場で日程を押さえる

「彼の好きな食べ物は何か聞き出して、例えば『赤身の肉』と言われたら、その瞬間に『◯◯に赤身肉が7種類、食べ放題になる肉バルがあって、行きたいと思ってたの。良かったら一緒に行きませんか?』とたたみかけます。彼が自分のことを嫌いではない限り、話は進みます。

その場で『いつ空いてますか?』と聞いて、日程まで押さえちゃう。別れた後に予約も済ませれば完璧ですよ。LINEで後で約束するよりも手っ取り早いし確実です」(29歳/出版)

対面で話を持ちかけると、相手も「じゃあ、今ここで予定決めとこうか」という考えになりやすいです。LINEでやりとりするよりもスピーディーに決まります。

ひとりだと入りづらい店を提案する

「ひとりだと行きづらいお店ってありますよね。鍋料理や焼肉、ジンギスカン、大衆居酒屋、焼き鳥屋、中華とか。そういうジャンルでいくつか行きたいリストを作っておいて、気になる相手に持ちかけるようにしています。

『ひとりじゃ行けなくて。◯◯君、良かったら付き合ってくれない?』と誘います。ひとりでは行けない店、行きにくい店というのは、共感されることが多く、大抵『じゃあ行こうか』となりますよ」(31歳/メーカー)

複数人でないと楽しめない店を提案するのは自然な誘い方。彼も気負わず誘いに応じやすいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます