キャラメルボックス「ティアーズライン」 撮影:伊東和則 キャラメルボックス「ティアーズライン」 撮影:伊東和則

キャラメルボックスの最新作、『ティアーズライン』が12月15日、東京・サンシャイン劇場で開幕した。

キャラメルボックス「ティアーズライン」チケット情報

今回の作品は、実に1年半ぶりとなる成井豊のオリジナル新作。探偵社の調査員・横手道朗(畑中智行)が謎の男・十文字(阿部丈二)に監禁される場面から物語は始まる。十文字は自分の職業は殺人代行業……つまり殺し屋で、横手とその同僚・鯉川(多田直人)を殺すよう依頼を受けたという。しかし今日は特別に道朗の「死にたくない理由」に納得すれば見逃してやる、とも。

そこで、この24時間にあった出来事を話しだす道朗。その内容は「オーストラリアに旅行に行き、現地で倒れ昏睡状態のはずの母親・克子(大森美紀子)が、なぜか自分の目の前に現れた」というにわかには信じがたいものだった。一方、文部科学大臣の息子・能代翔平(山崎雄也)のスキャンダルを探っていた鯉川が窮地に陥り、道朗はそちらのトラブルにも巻き込まれてしまうことに。

舞台上では道朗と十文字の会話と、道朗の過去の場面が展開されてゆく。いきなり“事件”から始まり、謎が少しずつ解き明かされていく展開はミステリー小説のようでもあり、スピード感はまさに「ジェットコースター演劇」。

けしてシンプルな物語ではないが、情報量の多さを感じさせないのは俳優たちの熱演と、キャラクターの魅力によるところが大きい。特に今回の公演は、畑中、阿部、多田という近年劇団公演で主役をつとめることが多い3人がメインキャストに揃い踏みし、三者三様の魅力を見せている。「昭和マニアの殺し屋」という濃いキャラクターで緊張感と笑いを振りまく阿部、これまでの出演作品の中でも一番コミカルで飄々とした役なのでは? という多田。そして「等身大の青年」を演じさせたら随一の畑中も、一見普通ながら大きな喪失を抱えているという難しい役どころ。どの俳優たちも新境地が見え、かつちゃんと魅力的に見えるのは、劇団公演の書き下ろし作品ならでは、だ。

また、主軸となっているのは「母と子」の物語。道朗と克子という「一見ありふれた母と子の関係」と、それとは対照的な文部科学大臣・妻成美(坂口理恵)と翔平という母と子も描かれる。後者の関係性は、観客によってはかなり胸をえぐられる人もいるのではないだろうか? 

前者は母の愛が息子を本当の意味で“救済”し再生させ、後者はトラブルの中でふたりの関係が再生してゆく。このコントラストが物語に深みを与え、改めて家族や身の回りの“大切な人”について考えさせてくれる。まさにクリスマスシーズンにふさわしい作品といえるだろう。

公演は12月25日(月)まで東京・サンシャイン劇場、12月28日(木)・29日(金)に兵庫・明石市立市民会館 大ホールで上演される。チケットぴあでは公演前日までチケット発売中。

取材・文:川口有紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます